最新判例 平成27年10月22日|刑事事件に強い元検事弁護士が強力対応

最新判例 平成27年10月22日

刑事弁護コラム

最新判例 平成27年10月22日

事案

 成年後見人であり,被成年後見人の預金通帳を保管し財産を管理する業務に従事していた者が,被成年後見人名義の通常郵便貯金口座の貯金を同人のため預かり保管中,同口座から現金300万円を払い戻し,同日,これを他に貸付けて横領したことにつき,勾留の必要性が認められるかが問題となった事案。

判旨(最判 平成27年10月22日)

 本件は,被害額300万円の業務上横領という相応の犯情の重さを有する事案ではあるものの,…,長期間にわたり身柄拘束のないまま捜査が続けられていること,本件前の相当額の余罪部分につき公訴時効の完成が迫っていたにもかかわらず,被疑者は警察からの任意の出頭要請に応じるなどしていたこと,被疑者の身上関係等からすると,本件が罪証隠滅・逃亡の現実的可能性の程度が高い事案であるとは認められない。

コメント

 勾留が認められるには,住居不定,罪証隠滅のおそれ,逃亡のおそれのいずれかがあることに加え,勾留の必要性が必要です。勾留の必要性の判断においては,罪証隠滅のおそれ及び逃亡のおそれの程度の大小が判断を左右します。
 この判決は,罪証隠滅のおそれ及び逃亡のおそれがあるというには,具体的現実的可能性が必要であるとし,勾留要件に厳格な判断を要求したものといえます。
 本事案においては,身柄拘束がなくても捜査が可能であったことや任意に出頭していたこと等から,罪証隠滅,逃亡のおそれの可能性の程度は高くないと判断し,勾留要件を満たさないとして,勾留請求を却下しています。

Pocket

「刑事事件」に関する取扱い分野

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

アソシエイト 佐々木 さくら

 弁護士佐々木さくらは,明治大学法学部,千葉大学法科大学院を卒業後,水戸での司法修習を経て弁護士法人中村国際刑事法律事務所に入所しました。  薬物事 ...

オブカウンセル 上野 達夫

 弁護士上野達夫は東京大学経済学部を卒業し,司法修習修了後,大手国際総合事務所を経て,ニューヨーク大学ロースクールに留学し,ニューヨーク州の司法試験に ...

アソシエイト 坂本 一誠

 弁護士坂本一誠は,早稲田大学法学部を卒業後,司法試験予備試験及び司法試験に合格し,第70期司法修習を経て,弁護士法人中村国際刑事法律事務所に入所しま ...

アソシエイト 遠藤 かえで

 弁護士遠藤かえでは,中央大学法学部法律学科,一橋大学法科大学院を卒業後,司法試験に合格し,第71期司法修習を経て,弁護士法人中村国際刑事法律事務所に ...

「刑事事件」に関する法律相談Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail
お名前 必須 ex.鈴木太郎
電話番号 必須 ex.090-000-000
メールアドレス ex.t-suzuki@nicd.jp
都道府県 必須
ご相談の種類 必須
弁護士へのご依頼予定 必須
ご相談内容
※200文字以内でご記入ください。現在の文字数は約0文字です。200文字を超過しています。

東京事務所横浜事務所では関東エリア
大阪事務所では関西エリア
名古屋事務所では東海エリア
をカバーしています。