最新判例 平成27年11月19日|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

最新判例 平成27年11月19日

刑事弁護コラム

最新判例 平成27年11月19日

事案

 強制性交等(旧 強姦)未遂,強制性交等(旧 強姦),強制わいせつ被告事件の被告人によって選任された弁護人らに対し,検察官が,被告人の委託を受けて保管中の犯行状況とされるものを撮影録画したデジタルビデオカセットについて,公判期日で没収相当との求刑をし,裁判所の職権により差押えをするよう申し立てた。しかし,弁護人らは,任意提出を拒否した上で,当該ビデオカセットが「秘密」に当たり,押収拒絶権を行使できるなどとして,反対する旨の意見を述べた。
 原々審では上記デジタルビデオカセットを裁判所に提出するよう命じ,弁護人らはこれに対し,抗告を申し立てたが棄却されたため,特別抗告した事案。

判旨(最判 平成27年11月19日)

 本件デジタルビデオカセットは,主任弁護人により警察官への任意提出や検察官への証拠開示,その一部についての証拠請求がされ,更にその全部の複製DVDが公判期日で被告人及び弁護人らの異議なく取り調べられているから,被告人の意思に基づく訴訟活動の結果,本件デジタルビデオカセットに記録された情報の全ては,もはや「秘密」でなくなったことが明らかであって,本件デジタルビデオカセットは,刑訴法105条の「他人の秘密に関するもの」に当たらないというべきである。

コメント

 刑事訴訟法105条「他人の秘密に関するもの」にあたるか,につき,最高裁は「秘密」の定義を明らかにしておらず,学説も対立しておりますが,どちらの学説からも外形上秘密性を有しないことが明白なものは「秘密」にあたらないとしています。
 本判決では,その複製DVDの実質的な内容が既に公判廷で明らかにされていることから,外見上秘密性を有しないものと判断したといえます。

Pocket

「刑事事件」に関する取扱い分野

弁護士によるセカンドオピニオン

弁護士のセカンドオピニオンとは何か  セカンドオピニオンとは,ある専門家に相談または依頼している案件について,別の専門家に意見を聞くことをいいます。 ...

民事事件

民事事件でお困りの方々のアドバイザーとしてお力になります  当事務所の弁護士は,離婚や相続といった民事事件に関しても豊富な経験と知見があります。 ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

弁護士 岩澤 祐未

ご挨拶  ご覧いただきありがとうございます。  「ある日突然,刑事事件や民事事件に巻き込まれたあなたには,安心して話をできる場所がありますか。」無 ...

弁護士 柏本 英生

ご挨拶  このページをご覧いただいている方の中には,今,人生に一度あるかないかの大変な状況にいらっしゃる方も多いと思います。これからなにが起こるのか ...

弁護士 山口 亮輔

ご挨拶  弁護士の山口亮輔と申します。私のページをご覧いただき,誠にありがとうございます。私は,若さを活かして日々の執務にあたっております。  刑 ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail