最新判例 平成27年11月19日|刑事事件に強い元検事弁護士が強力対応

最新判例 平成27年11月19日

刑事弁護コラム

最新判例 平成27年11月19日

事案

 強制性交等(旧 強姦)未遂,強制性交等(旧 強姦),強制わいせつ被告事件の被告人によって選任された弁護人らに対し,検察官が,被告人の委託を受けて保管中の犯行状況とされるものを撮影録画したデジタルビデオカセットについて,公判期日で没収相当との求刑をし,裁判所の職権により差押えをするよう申し立てた。しかし,弁護人らは,任意提出を拒否した上で,当該ビデオカセットが「秘密」に当たり,押収拒絶権を行使できるなどとして,反対する旨の意見を述べた。
 原々審では上記デジタルビデオカセットを裁判所に提出するよう命じ,弁護人らはこれに対し,抗告を申し立てたが棄却されたため,特別抗告した事案。

判旨(最判 平成27年11月19日)

 本件デジタルビデオカセットは,主任弁護人により警察官への任意提出や検察官への証拠開示,その一部についての証拠請求がされ,更にその全部の複製DVDが公判期日で被告人及び弁護人らの異議なく取り調べられているから,被告人の意思に基づく訴訟活動の結果,本件デジタルビデオカセットに記録された情報の全ては,もはや「秘密」でなくなったことが明らかであって,本件デジタルビデオカセットは,刑訴法105条の「他人の秘密に関するもの」に当たらないというべきである。

コメント

 刑事訴訟法105条「他人の秘密に関するもの」にあたるか,につき,最高裁は「秘密」の定義を明らかにしておらず,学説も対立しておりますが,どちらの学説からも外形上秘密性を有しないことが明白なものは「秘密」にあたらないとしています。
 本判決では,その複製DVDの実質的な内容が既に公判廷で明らかにされていることから,外見上秘密性を有しないものと判断したといえます。

Pocket

「刑事事件」に関する取扱い分野

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

オブカウンセル(法人社員) 岩崎 哲也

 弁護士岩崎哲也は,東京都立国立高校,北海道大学法学部を卒業後,第41期司法修習を修了し,検事に任官しました。東京地検新任検事を振り出しに旭川地検,長 ...

アソシエイト 佐々木 さくら

 弁護士佐々木さくらは,明治大学法学部,千葉大学法科大学院を卒業後,水戸での司法修習を経て弁護士法人中村国際刑事法律事務所に入所しました。  薬物事 ...

法人アソシエイト 漆原 俊貴

 弁護士漆原俊貴は,北海道大学法学部を3年次飛び級のため中退後,北海道大学法科大学院を修了しました。その後,司法試験に合格し,第71期司法修習を経て, ...

「刑事事件」に関する法律相談Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail
お名前 必須 ex.鈴木太郎
電話番号 必須 ex.090-000-000
メールアドレス ex.t-suzuki@nicd.jp
都道府県 必須
ご相談の種類 必須
弁護士へのご依頼予定 必須
ご相談内容
※200文字以内でご記入ください。現在の文字数は約0文字です。200文字を超過しています。

東京事務所横浜事務所では関東エリア
大阪事務所では関西エリア
名古屋事務所では東海エリア
をカバーしています。