最新判例 平成27年12月1日|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

最新判例 平成27年12月1日

刑事弁護コラム

最新判例 平成27年12月1日

事案

 岡山市長選挙に立候補した被告人が,同選挙における被告人の選挙運動者と共謀の上,被告人の当選を得させる目的で,その選挙運動期間中に法定外選挙運動用文書を頒布したことにつき,第一審判決は被告人を有罪とした。
 被告人が,公職選挙法243条1項3号,142条1項は憲法21条に違反し無効であるため,無罪として控訴したが,控訴審は棄却されたため,被告人が上告した事案。

判旨(最判 平成27年12月1日)

 公職選挙法243条1項3号,平成27年法律第60号による改正前の公職選挙法142条1項の各規定が憲法21条に違反しないことは,当裁判所の判例の趣旨に徴して明らかである。

コメント

 本判決は,先例同様,公職選挙法243条1項3号及び142条1項は憲法に反しないとしました。その理由は,これらの法は「法定外文書領布規制」を規定しているところ,当該規制の目的は,選挙の自由と公正の確保であるため,正当であり,規制と規制目的との間にも合理的関連性があるとしたうえで,法定外文書領布規制のより失われる利益よりも,得られる利益がはるかに多いと判断したためです。
 また,なお書きではありますが,公職選挙法改正により可能となったインターネットを用いた選挙活動との関係においても言及しています。
 インターネットによる選挙活動が解禁されたために,文書領布も自由化すべきであるから,違憲であるとの意見について,インターネット上での選挙運動も一定の規制の下に許されており,さらには,インターネットと文書図画は表現の態様や性質が異なるものであるため,インターネットを用いた選挙運動の解禁をもって,法定外文書領布規制の違憲性は基礎づけられないと判断しました。この判断もなお書きとはいえ,先例にはない判断であり重要と言えます。

Pocket

「刑事事件」に関する取扱い分野

暴行事件の逮捕・示談に強い弁護士

 日常生活で起こりうる,以下のようなトラブルを見てみましょう。 彼女と口喧嘩をしていて,つい手が出てしまった,殴ってしまった けんかになって相 ...

弁護士によるセカンドオピニオン

弁護士のセカンドオピニオンとは何か  セカンドオピニオンとは,ある専門家に相談または依頼している案件について,別の専門家に意見を聞くことをいいます。 ...

民事事件

民事事件でお困りの方々のアドバイザーとしてお力になります  当事務所の弁護士は,離婚や相続といった民事事件に関しても豊富な経験と知見があります。 ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

弁護士 高田 早紀

ご挨拶  弁護士の高田早紀と申します。私の紹介ページをご覧いただき,誠にありがとうございます。  依頼者の方に寄り添い,少しでも刑事手続に対する不 ...

弁護士 坂本 一誠

ご挨拶  私は,これまで100件以上の刑事事件に携わり,痴漢や盗撮,万引きといった皆様の日常で発生することのある事件,組織的な特殊詐欺事件,強盗致傷 ...

弁護士 宮本 萌

ご挨拶  こんにちは。弁護士の宮本萌と申します。  世の中には沢山の法律が存在します。このくらい大丈夫だろう,と思ってした行為が罪に問われ,逮捕さ ...

弁護士 勝浦 貴大

ご挨拶  大阪で弁護士をしている勝浦貴大と申します。社会は日々,複雑に変化しますが,刑事事件もの様相も複雑かつ多様に変化するものと思います。こうした ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

盗撮の公訴時効は何年ですか。

盗撮の公訴時効は何年ですか。  たとえば,東京都の迷惑防止条例違反の盗撮の場合,その法定刑は,1年以下の懲役又は100万円以下の罰金ですから(同条例 ...

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

刑事判例紹介(24)

刑事判例紹介(24) 事案  暴力団による恐喝事件を被疑事件として捜索差押許可状の発付が要求された。捜索差押許可状には差し押さえるべき物を「本件に関 ...

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

mail tel