最新判例 平成27年12月3日|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

最新判例 平成27年12月3日

刑事弁護コラム

最新判例 平成27年12月3日

事案

 本件は平成9年4月13日に起きた強盗殺人事件であり,行為時から15年後の平成25年2月22日に起訴された。刑事訴訟法の改正前は,公訴時効は15年のため,起訴の時点で公訴時効が完成していたことになるが,起訴前に改正があり,本事案が公訴時効の対象ではなくなった。
 そのため,第一審判決は無期懲役を言い渡した。被告人は控訴したが,原審判決も,公訴時効の完成を認めなかったため,控訴を棄却した。そのため,被告人が上告した事案。

判旨(最判 平成27年12月3日)

 公訴時効制度の趣旨は,…処罰の必要性と法的安定性の調和を図ることにある。本法は,その趣旨を実現するため,…公訴時効を廃止し…たにすぎず,行為時点における違法性の評価や責任の重さを遡って変更するものではない。そして,本法附則3条2項は,本法施行の際公訴時効が完成していない罪について本法による改正後の刑訴法250条1項を適用するとしたものであるから,被疑者・被告人となり得る者につき既に生じていた法律上の地位を著しく不安定にするようなものでもない。
 したがって,…本法附則3条2項は,憲法39条,31条に違反せず,それらの趣旨に反するとも認められない。

コメント

 憲法39条前段前半は,事後法による訴求処罰を禁止しています。もっとも,その範囲は実体法のみなのか,手続法にも及ぶのかについては学説も対立していますが,一般的に実体法規定について遡及適用が禁止され,手続法規定には禁止されない,とされています。刑罰の有無等についての予測可能性を行為時に保障するには,実体法のみに遡及適用は禁止することで目的が達成されるためです。
 本事案は,公訴時効が完成していない罪に対する刑事訴訟法という手続法の遡及適用の事案です。そのため,遡及適用をしても,被告人の法律上の地位を不安定にするものではないと判断され,公訴時効の完成を認めていません。
 もっとも原審では,既に公訴時効が完成した事件については,訴求処罰の禁止に触れると解しています。

Pocket

「刑事事件」に関する取扱い分野

暴行事件の逮捕・示談に強い弁護士

 日常生活で起こりうる,以下のようなトラブルを見てみましょう。 彼女と口喧嘩をしていて,つい手が出てしまった,殴ってしまった けんかになって相 ...

弁護士によるセカンドオピニオン

弁護士のセカンドオピニオンとは何か  セカンドオピニオンとは,ある専門家に相談または依頼している案件について,別の専門家に意見を聞くことをいいます。 ...

民事事件

民事事件でお困りの方々のアドバイザーとしてお力になります  当事務所の弁護士は,離婚や相続といった民事事件に関しても豊富な経験と知見があります。 ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

弁護士 漆原 俊貴

ご挨拶  弁護士の漆原俊貴(うるしはらとしき)と申します。  突然ですが,皆さんにとって,弁護士のイメージはどのようなものでしょうか?人それぞれだ ...

弁護士 岩崎 哲也

ご挨拶  法律問題でお悩みの皆様,ご心労いかばかりかとお察し申し上げます。  こんにちは,弁護士の岩崎哲也と申します。世に活躍しているたくさんの弁 ...

弁護士 坂本 一誠

ご挨拶  私は,これまで100件以上の刑事事件に携わり,痴漢や盗撮,万引きといった皆様の日常で発生することのある事件,組織的な特殊詐欺事件,強盗致傷 ...

弁護士 川瀬 雅彦

ご挨拶  こんにちは。弁護士の川瀬雅彦と申します。ホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。  私は,下記に述べますように長年検事の仕事 ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

最新判例 平成27年12月14日

最新判例 平成27年12月14日 事案  市民グループの代表者が,平成23年東北地方太平洋沖地震に伴う原子力発電所の事故で放出された放射性物質に汚染 ...

刑事判例紹介(30)

刑事判例紹介(30) 事案  業務上横領罪の嫌疑が浮上した被告人方への捜索をするべく,警察は,被告人勤務先会社の従業員Aの関与する別件のモーターボー ...

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

mail tel