最新判例 平成27年2月24日 – 最高裁判所がした訴訟終了宣言の決定に対する不服申立ての許否が問 ...|刑事事件に強い元検事弁護士が強力対応

最新判例 平成27年2月24日 – 最高裁判所がした訴訟終了宣言の決定に対する不服申立ての許否が問題となった事案

刑事弁護コラム

最新判例 平成27年2月24日 – 最高裁判所がした訴訟終了宣言の決定に対する不服申立ての許否が問題となった事案

事案

 最高裁判所がした訴訟終了宣言の決定に対する不服申立ての許否が問題となった事案。

判旨(最判 平成27年2月24日)

 本件は,申立人の上告取下げに伴い当裁判所がした訴訟終了宣言の決定に対する不服申立てであるところ,終審である最高裁判所がした訴訟終了宣言の決定に対しては不服申立てをすることが許されないから,本件申立ては不適法である。

コメント

 訴訟が判決等によって終了した場合ではなく,訴訟上の和解の効力が争われており,裁判所が,この効力について判断を示し,訴訟が終了していることを宣言する場合があります。これは訴訟終了宣言と呼ばれます。
 本判例は,このような訴訟終了宣言の決定に対する不服申立てが許されるか否かが問題となったものです。
 最高裁判所が終審裁判所である以上,最高裁判所の決定に対しては,不服申立てをすることは許されないのが原則となります。
 しかし,判例は,上告棄却決定に対する異議申立て(最決昭和30年2月23日刑集9巻2号372頁),最高裁判所での保釈保証金没取決定に対する異議申立て(最決昭和52年4月4日刑集31巻3号163頁)については,合理的理由と法律的必要があるとして,例外的に許されることを認めました。
 また,昭和61年決定は,高等裁判所がした控訴取下げによる訴訟終了宣言の決定に対する不服申立てを認めました(最決昭和61年6月27日刑集40巻4号389頁)。
 そのようななか,本決定は,訴訟終了宣言の決定に対する不服申立てを認めず,最高裁判所の決定に対しては,不服申立てをすることは許されないとの原則を確認したものであると位置づけることができます。

Pocket

「刑事事件」に関する取扱い分野

被害者支援

被害者の方々のアドバイザーとしてお力になります  レイプ(強姦・強制性交等)や強制わいせつ,そして痴漢・盗撮といった性犯罪の被害に遭われた方は,被害 ...

民事事件

民事事件でお困りの方々のアドバイザーとしてお力になります  当事務所の弁護士は,離婚や相続といった民事事件に関しても豊富な経験と知見があります。 ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

法人アソシエイト 山口 亮輔

ご挨拶  弁護士の山口亮輔と申します。私のページをご覧いただき,誠にありがとうございます。私は,若さを活かして日々の執務にあたっております。  刑 ...

アソシエイト 遠藤 かえで

ご挨拶  「容疑者」,「逮捕」,「家宅捜索」,…日々,皆さんが何気なく目や耳にするニュースの中に,刑事事件に関する言葉は溢れています。他方,そのよう ...

法人アソシエイト 漆原 俊貴

ご挨拶  弁護士の漆原俊貴(うるしはらとしき)と申します。  突然ですが,皆さんにとって,弁護士のイメージはどのようなものでしょうか?人それぞれだ ...

アソシエイト 坂本 一誠

ご挨拶  私は,これまで100件以上の刑事事件に携わり,痴漢や盗撮,万引きといった皆様の日常で発生することのある事件,組織的な特殊詐欺事件,強盗致傷 ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

お休み中でもご対応いただけたり,現場までお越しいただき当時の再現だけでなく,関係先と調整いただくなど,親身になって色々と対応いただけました

お休み中でもご対応いただけたり,現場までお越しいただき当時の再現だけでなく,関係先と調整いただくなど,親身になって色々と対応いただけました  常に先 ...

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail