最新判例 平成27年2月24日 – 最高裁判所がした訴訟終了宣言の決定に対する不服申立ての許否が問 ...|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

最新判例 平成27年2月24日 – 最高裁判所がした訴訟終了宣言の決定に対する不服申立ての許否が問題となった事案

刑事弁護コラム

最新判例 平成27年2月24日 – 最高裁判所がした訴訟終了宣言の決定に対する不服申立ての許否が問題となった事案

事案

 最高裁判所がした訴訟終了宣言の決定に対する不服申立ての許否が問題となった事案。

判旨(最判 平成27年2月24日)

 本件は,申立人の上告取下げに伴い当裁判所がした訴訟終了宣言の決定に対する不服申立てであるところ,終審である最高裁判所がした訴訟終了宣言の決定に対しては不服申立てをすることが許されないから,本件申立ては不適法である。

コメント

 訴訟が判決等によって終了した場合ではなく,訴訟上の和解の効力が争われており,裁判所が,この効力について判断を示し,訴訟が終了していることを宣言する場合があります。これは訴訟終了宣言と呼ばれます。
 本判例は,このような訴訟終了宣言の決定に対する不服申立てが許されるか否かが問題となったものです。
 最高裁判所が終審裁判所である以上,最高裁判所の決定に対しては,不服申立てをすることは許されないのが原則となります。
 しかし,判例は,上告棄却決定に対する異議申立て(最決昭和30年2月23日刑集9巻2号372頁),最高裁判所での保釈保証金没取決定に対する異議申立て(最決昭和52年4月4日刑集31巻3号163頁)については,合理的理由と法律的必要があるとして,例外的に許されることを認めました。
 また,昭和61年決定は,高等裁判所がした控訴取下げによる訴訟終了宣言の決定に対する不服申立てを認めました(最決昭和61年6月27日刑集40巻4号389頁)。
 そのようななか,本決定は,訴訟終了宣言の決定に対する不服申立てを認めず,最高裁判所の決定に対しては,不服申立てをすることは許されないとの原則を確認したものであると位置づけることができます。

Pocket

「刑事事件」に関する取扱い分野

暴行事件の逮捕・示談に強い弁護士

 日常生活で起こりうる,以下のようなトラブルを見てみましょう。 彼女と口喧嘩をしていて,つい手が出てしまった,殴ってしまった けんかになって相 ...

弁護士によるセカンドオピニオン

弁護士のセカンドオピニオンとは何か  セカンドオピニオンとは,ある専門家に相談または依頼している案件について,別の専門家に意見を聞くことをいいます。 ...

民事事件

民事事件でお困りの方々のアドバイザーとしてお力になります  当事務所の弁護士は,離婚や相続といった民事事件に関しても豊富な経験と知見があります。 ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

弁護士 高田 早紀

ご挨拶  弁護士の高田早紀と申します。私の紹介ページをご覧いただき,誠にありがとうございます。  依頼者の方に寄り添い,少しでも刑事手続に対する不 ...

弁護士 岩澤 祐未

ご挨拶  ご覧いただきありがとうございます。  「ある日突然,刑事事件や民事事件に巻き込まれたあなたには,安心して話をできる場所がありますか。」無 ...

弁護士 宮本 萌

ご挨拶  こんにちは。弁護士の宮本萌と申します。  世の中には沢山の法律が存在します。このくらい大丈夫だろう,と思ってした行為が罪に問われ,逮捕さ ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

刑事判例紹介(16)

刑事判例紹介(16) 事案  被告人は警察官から職務質問された後,任意同行の名目で警察署に連行され,6時間余りにわたって実質逮捕にあたる違法な身柄拘 ...

刑事判例紹介(6)

刑事判例紹介(6) 事案  警察から任意同行を求められた被疑者が,警察署に到着した午前8時ころから翌日午前零時ころまで断続的に取調べを受け,取調室内 ...

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

mail tel