最新判例 平成27年5月18日|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

最新判例 平成27年5月18日

刑事弁護コラム

最新判例 平成27年5月18日

事案

 Aに対する公務執行妨害,傷害被告事件において,Aが裁判官入廷前に手錠及び腰縄を外すことなどを求めて公判期日への不出頭を繰り返していた。国選弁護人である申立人らも,Aに同調して公判期日に出頭せず,刑事訴訟法(以下,刑訴法とする。)278条の2第1項に基づく出頭在廷命令にも応じなかったことから,原々審が申立人に対して同条の2第3項による過料の決定をした。この決定に対して,申立人らから即時抗告の申立てがなされたが棄却されたため,さらに特別抗告が申し立てられた事案。

判旨(最判 平成27年5月18日)

 特別抗告棄却。刑訴法278条の2第1項による公判期日等への出頭在廷命令に正当な理由なく従わなかった弁護人に対する過料の制裁を定めた同条の2第3項は,訴訟指揮の実効性担保のための手段として合理性,必要性があるといえ,弁護士法上の懲戒制度が既に存在していることを踏まえても,憲法31条,37条3項に違反するものではない

コメント

 本件は,刑訴法278条の2第3項による弁護人に対する過料の制裁が,国家権力に介入されない弁護権を行使する弁護人の弁護を受ける被告人の権利を侵害するとして憲法31条,37条3項に違反しないか,また,過料の制度が弁護士自治を脅かすのではないか争われた事案です。そもそも,過料の制度は当事者が理由なく出頭しなかったり,退廷するようなことが生じた場合に,訴訟指揮の実効性を担保しようとする制度です。つまり,訴訟手続上の秩序違反行為に対する秩序罰であり,弁護士会の懲戒制度とは目的や性質が異なります。したがって,弁護士法上に懲戒制度があっても,過料制度の必要性や合理性はあり,憲法違反にはなりません。さらに,この過料決定がなされたからといって,弁護士会に懲戒措置をとることが義務付けられるわけでもないため,特に弁護士自治を脅かすものとまではいえないでしょう。

Pocket

公開日: 更新日:

「刑事事件」に関する取扱い分野

弁護士によるセカンドオピニオン

弁護士のセカンドオピニオンとは何か  セカンドオピニオンとは,ある専門家に相談または依頼している案件について,別の専門家に意見を聞くことをいいます。 ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

オブカウンセル 川瀬 雅彦

ご挨拶  こんにちは。弁護士の川瀬雅彦と申します。ホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。  私は,下記に述べますように長年検事の仕事 ...

弁護士 坂本 一誠

ご挨拶  私は,これまで100件以上の刑事事件に携わり,痴漢や盗撮,万引きといった皆様の日常で発生することのある事件,組織的な特殊詐欺事件,強盗致傷 ...

弁護士 遠藤 かえで

ご挨拶  「容疑者」,「逮捕」,「家宅捜索」,…日々,皆さんが何気なく目や耳にするニュースの中に,刑事事件に関する言葉は溢れています。他方,そのよう ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

受け子でも実刑になりますか。

受け子でも実刑になりますか。  なりえます。  最近は,特殊詐欺の犯人については,組織の末端の者に対しても世間の処罰感情は厳しく,検察庁,裁判所と ...

保釈中に海外旅行に行けますか。

保釈中に海外旅行に行けますか。  保釈される場合には,裁判への出頭確保等の必要から,裁判所から制限住居が指定されるとともに,海外旅行又は3日以上の旅 ...

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail