最新判例 平成27年5月25日|刑事事件に強い元検事弁護士が強力対応

最新判例 平成27年5月25日

刑事弁護コラム

最新判例 平成27年5月25日

事案

 被告人が,自宅に隣接する2軒の住人7人を刺殺,1人に重症を負わせ,さらに母親が現住する自宅に放火して全焼させたという事案。被告人の犯行当時の責任能力についての事実誤認(411条3号)があるとして,原判決の破棄が求められた。

判旨(最判 平成27年5月25日)

 本件犯行は,長年にわたって被害者意識を感じていた被告人が,(中略)被害者らに対する怒りを募らせ,殺意を抱くにまで至り,犯行前夜の自宅北側に居住する別の隣人との口論をきっかけに,この際被害者らの殺害を実行に移そうと決断し,おおむね数年来の計画どおりに遂行したものであって,その行動は,合目的的で首尾一貫しており,犯行の動機も,現実の出来事に起因した了解可能なものである。被告人が犯行当時爆発的な興奮状態にあったことをうかがわせる事情も存しない。被告人は,妄想性障害のために,被害者意識を過度に抱き,怨念を強くしたとはいえようが,同障害が本件犯行に与えた影響はその限度にとどまる上,被告人の妄想の内容は,現実の出来事に基礎を置いて生起したものと考えれば十分に理解可能で,これにより被害者意識や怨念が強化されたとしても,その一事をもって,判断能力の減退を認めるのは,相当とはいえない。

コメント

 刑事責任を問うためには,犯行当時に判断能力を有していたことが必要になります。本件被告人は妄想性障害を有していたため,その判断能力が低下していたのではないかと争われました。裁判所は,その障害は犯行の動機を強めたに過ぎず,動機も犯行も判断能力の低下から発生したとはいえないと判断し,刑事責任を問うべきとしました。
 また,判断能力の有無を検討するにあたって鑑定書が提出されることがあります。原判決は,提出された鑑定書と異なる結論に至りました。刑事責任を負わせるための判断能力は法的評価であるため,鑑定医と異なる結論を出しても問題ないとされています。

Pocket

「刑事事件」に関する取扱い分野

弁護士によるセカンドオピニオン

弁護士のセカンドオピニオンとは何か  セカンドオピニオンとは,ある専門家に相談または依頼している案件について,別の専門家に意見を聞くことをいいます。 ...

民事事件

民事事件でお困りの方々のアドバイザーとしてお力になります  当事務所の弁護士は,離婚や相続といった民事事件に関しても豊富な経験と知見があります。 ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

オブカウンセル 上野 達夫

 弁護士上野達夫は東京大学経済学部を卒業し,司法修習修了後,大手国際総合事務所を経て,ニューヨーク大学ロースクールに留学し,ニューヨーク州の司法試験に ...

アソシエイト 遠藤 かえで

ご挨拶  「容疑者」,「逮捕」,「家宅捜索」,…日々,皆さんが何気なく目や耳にするニュースの中に,刑事事件に関する言葉は溢れています。他方,そのよう ...

アソシエイト 勝浦 貴大

ご挨拶  大阪で弁護士をしている勝浦貴大と申します。社会は日々,複雑に変化しますが,刑事事件もの様相も複雑かつ多様に変化するものと思います。こうした ...

アソシエイト 高田 早紀

ご挨拶  弁護士の高田早紀と申します。私の紹介ページをご覧いただき,誠にありがとうございます。  依頼者の方に寄り添い,少しでも刑事手続に対する不 ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

mail tel