業務上過失で逮捕|業務上過失事件を弁護士が解説|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

業務上過失で逮捕|業務上過失事件を弁護士が解説

刑事弁護コラム

業務上過失事件について

 当事務所は,通常の交通事故事件だけではなく,航空機事故事件,列車事故事件などの大型過失事件に関しても経験を有します。有罪率が高いと言われている刑事事件の中にあって,過失事故事件は無罪獲得も決して不可能ではありません。結果責任を求めがちな捜査機関に対抗して,科学的な刑事弁護によってあなたの利益や権利を最大限守ることを目指しているのがNICDです。

Pocket

「刑事事件」に関する取扱い分野

暴行事件の逮捕・示談に強い弁護士

 日常生活で起こりうる,以下のようなトラブルを見てみましょう。 彼女と口喧嘩をしていて,つい手が出てしまった,殴ってしまった けんかになって相 ...

弁護士によるセカンドオピニオン

弁護士のセカンドオピニオンとは何か  セカンドオピニオンとは,ある専門家に相談または依頼している案件について,別の専門家に意見を聞くことをいいます。 ...

民事事件

民事事件でお困りの方々のアドバイザーとしてお力になります  当事務所の弁護士は,離婚や相続といった民事事件に関しても豊富な経験と知見があります。 ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

弁護士 岩崎 哲也

ご挨拶  法律問題でお悩みの皆様,ご心労いかばかりかとお察し申し上げます。  こんにちは,弁護士の岩崎哲也と申します。世に活躍しているたくさんの弁 ...

弁護士 上野 達夫

 弁護士上野達夫は東京大学経済学部を卒業し,司法修習修了後,大手国際総合事務所を経て,ニューヨーク大学ロースクールに留学し,ニューヨーク州の司法試験に ...

弁護士 岩澤 祐未

ご挨拶  ご覧いただきありがとうございます。  「ある日突然,刑事事件や民事事件に巻き込まれたあなたには,安心して話をできる場所がありますか。」無 ...

弁護士 勝浦 貴大

ご挨拶  大阪で弁護士をしている勝浦貴大と申します。社会は日々,複雑に変化しますが,刑事事件もの様相も複雑かつ多様に変化するものと思います。こうした ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

盗撮の公訴時効は何年ですか。

盗撮の公訴時効は何年ですか。  たとえば,東京都の迷惑防止条例違反の盗撮の場合,その法定刑は,1年以下の懲役又は100万円以下の罰金ですから(同条例 ...

クレプトマニアとはなんですか。

クレプトマニアとはなんですか。  クレプトマニアとは,窃盗行為を衝動的に反復し実行してしまう症状のことをいい,精神医学上,国際疾患分類(ICD‐10 ...

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

最新判例 平成27年9月15日

最新判例 平成27年9月15日 事案  会員制リゾートクラブであるB倶楽部の会員権販売等を組織的に行っていた株式会社Aの実質オーナーとして業務全般を ...

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

mail tel