会社の中で盗撮しました。罪となりますか。|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

会社の中で盗撮しました。罪となりますか。

刑事事件Q&A

会社の中で盗撮しました。罪となりますか。

 盗撮は,いわゆる迷惑防止条例により罰則が定められています。
 現在の条例の多くは,「公共の場所」に限らず学校や事務所などにおける盗撮行為を罰しているため,会社内における盗撮も犯罪となります。

Pocket

「刑事事件」に関する取扱い分野

暴行事件の逮捕・示談に強い弁護士

 日常生活で起こりうる,以下のようなトラブルを見てみましょう。 彼女と口喧嘩をしていて,つい手が出てしまった,殴ってしまった けんかになって相 ...

弁護士によるセカンドオピニオン

弁護士のセカンドオピニオンとは何か  セカンドオピニオンとは,ある専門家に相談または依頼している案件について,別の専門家に意見を聞くことをいいます。 ...

民事事件

民事事件でお困りの方々のアドバイザーとしてお力になります  当事務所の弁護士は,離婚や相続といった民事事件に関しても豊富な経験と知見があります。 ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

弁護士 岩澤 祐未

ご挨拶  ご覧いただきありがとうございます。  「ある日突然,刑事事件や民事事件に巻き込まれたあなたには,安心して話をできる場所がありますか。」無 ...

弁護士 坂本 一誠

ご挨拶  私は,これまで100件以上の刑事事件に携わり,痴漢や盗撮,万引きといった皆様の日常で発生することのある事件,組織的な特殊詐欺事件,強盗致傷 ...

弁護士 岩崎 哲也

ご挨拶  法律問題でお悩みの皆様,ご心労いかばかりかとお察し申し上げます。  こんにちは,弁護士の岩崎哲也と申します。世に活躍しているたくさんの弁 ...

弁護士 勝浦 貴大

ご挨拶  大阪で弁護士をしている勝浦貴大と申します。社会は日々,複雑に変化しますが,刑事事件もの様相も複雑かつ多様に変化するものと思います。こうした ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

クレプトマニアとはなんですか。

クレプトマニアとはなんですか。  クレプトマニアとは,窃盗行為を衝動的に反復し実行してしまう症状のことをいい,精神医学上,国際疾患分類(ICD‐10 ...

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

刑事判例紹介(3)

刑事判例紹介(3) 事案  外見上は不審な挙動が見られない集会への参加者に対して,機動隊員らが阻止隊形を作り,職務質問及び所持品検査を行った。本件の ...

最新判例 平成28年8月25日

最新判例 平成28年8月25日 事案  傷害致死罪の裁判員裁判において,2週間のうちに7回の公判期日が行われた。弁護人は,公判調書が最終陳述までに作 ...

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

mail tel