暴行罪と傷害罪は,どのように区別されますか。|刑事事件に強い元検事弁護士が強力対応

暴行罪と傷害罪は,どのように区別されますか。

刑事事件Q&A

暴行罪と傷害罪は,どのように区別されますか。

 暴行罪と傷害罪の区別は,暴行により,相手方に傷害結果が生じたか否かによります。相手方に傷害結果が生じていなければ暴行罪,傷害結果が生じていれば傷害罪です。相手に怪我をさせるつもりではなく,暴力を振るうだけのつもりでも(つまり,暴行の故意しかない場合),結果的に相手方に傷害結果が生じた場合には傷害罪が成立します。
ちなみに,睡眠薬を飲ませて意識障害に陥らせる場合など,暴行によらずに傷害罪が成立することもあります。
 なお,相手方に傷害結果が生じた場合でも,相手方が診断書を取得せず,診断書を捜査機関に提出していない場合には,傷害の結果が立証できないとして,傷害罪ではなく暴行罪として捜査がされ,罰せられることもあります。

Pocket

「刑事事件」に関する取扱い分野

弁護士によるセカンドオピニオン

弁護士のセカンドオピニオンとは何か  セカンドオピニオンとは,ある専門家に相談または依頼している案件について,別の専門家に意見を聞くことをいいます。 ...

民事事件

民事事件でお困りの方々のアドバイザーとしてお力になります  当事務所の弁護士は,離婚や相続といった民事事件に関しても豊富な経験と知見があります。 ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

法人アソシエイト 山口 亮輔

ご挨拶  弁護士の山口亮輔と申します。私のページをご覧いただき,誠にありがとうございます。私は,若さを活かして日々の執務にあたっております。  刑 ...

アソシエイト 中村 公輔

ご挨拶  弁護士の中村公輔と申します。刑事事件の手続きは,一般の方々には馴染みのないものであり,実際に逮捕されるなどして初めて手続きの流れを知ること ...

法人アソシエイト 漆原 俊貴

ご挨拶  弁護士の漆原俊貴(うるしはらとしき)と申します。  突然ですが,皆さんにとって,弁護士のイメージはどのようなものでしょうか?人それぞれだ ...

アソシエイト 高田 早紀

ご挨拶  弁護士の高田早紀と申します。私の紹介ページをご覧いただき,誠にありがとうございます。  依頼者の方に寄り添い,少しでも刑事手続に対する不 ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

mail tel