業務上横領罪,単純横領罪,背任罪,特別背任罪の公訴時効は何年ですか。|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

業務上横領罪,単純横領罪,背任罪,特別背任罪の公訴時効は何年ですか。

刑事事件Q&A

業務上横領罪,単純横領罪,背任罪,特別背任罪の公訴時効は何年ですか。

 業務上横領罪の法定刑は10年以下の懲役であり(刑法253条),公訴時効は7年となります(刑訴法250条2項4号)。単純横領罪であれば法定刑が5年以下の懲役であり(刑法252条1項),公訴時効は5年となります(刑訴法250条2項5号)。
 背任罪はやはり法定刑が5年以下ですので(刑法247条),公訴時効は5年となります。特別背任罪の法定刑は10年以下の懲役であり(会社法960条),公訴時効は7年となります。

Pocket

「横領」に関する取扱い分野

横領事件の逮捕・示談に強い弁護士

 企業内で起こることの多い横領罪。横領罪とはどのような犯罪で,どのような捜査が進むのか,対策はどうすればよいかなど,元検事が解説いたします。行為者側だ ...

「横領」に関する刑事事件Q&A

「横領」に関する刑事弁護コラム

企業犯罪・ホワイトカラー犯罪の弁護

企業犯罪・ホワイトカラー犯罪の弁護  贈収賄,カルテル犯罪,入札談合,相場操縦犯罪,インサイダー取引犯罪,脱税,総会屋利益供与犯罪などといった企業不 ...

「横領」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「横領」に関する解決実績

mail tel