私が,海外のホームページから輸入した医薬品に覚せい剤の成分が含まれていたことが分かりました。私は ...|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

私が,海外のホームページから輸入した医薬品に覚せい剤の成分が含まれていたことが分かりました。私は,覚せい剤の密輸を行ったものとして有罪になりますか?

刑事事件Q&A

私が,海外のホームページから輸入した医薬品に覚せい剤の成分が含まれていたことが分かりました。私は,覚せい剤の密輸を行ったものとして有罪になりますか?

 このような場合は,覚せい剤密輸の故意が認められるか否か(覚せい剤との認識に基づき輸入したか否か)が争いになります。医薬品と書かれたものが覚せい剤を含有するものであると知っていた場合は勿論,もしかしたら覚せい剤を含有するものかもしれないと思っていたという程度でも故意が認められるでしょう。
 もっとも,その人が覚せい剤と分かっていたか否かということは,人の内心の問題で目に見えません。しかし,覚せい剤の認識を認める自白がない場合でも,輸入サイトの記載,画像,輸入の手段・方法その他様々な事情から故意が認められるか否かが判断されることになります。

Pocket

「刑事事件」に関する取扱い分野

弁護士によるセカンドオピニオン

弁護士のセカンドオピニオンとは何か  セカンドオピニオンとは,ある専門家に相談または依頼している案件について,別の専門家に意見を聞くことをいいます。 ...

民事事件

民事事件でお困りの方々のアドバイザーとしてお力になります  当事務所の弁護士は,離婚や相続といった民事事件に関しても豊富な経験と知見があります。 ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

弁護士 柏本 英生

ご挨拶  このページをご覧いただいている方の中には,今,人生に一度あるかないかの大変な状況にいらっしゃる方も多いと思います。これからなにが起こるのか ...

パートナー 岩崎 哲也

ご挨拶  法律問題でお悩みの皆様,ご心労いかばかりかとお察し申し上げます。  こんにちは,弁護士の岩崎哲也と申します。世に活躍しているたくさんの弁 ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail