少年事件における未成年への盗撮事件で保護観察処分を獲得した事案|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

解決実績 解決実績

事件概要

 少年が,店舗内において,背後から未成年の少女のスカート内を盗撮したという事案。

弁護方針

 同事件は,少年が同様の事件で審判で保護観察処分を受けてからわずか数日後の事件だったため,少年院送致の回避を目標として,弁護活動を開始。
 受任段階で既に調査官面接が終了しており,審判まであまり時間が残されていなかったため,早急に示談や再犯防止措置等の弁護活動に取り組んだ。示談については,被害者はこれまで謝罪がなかったことも相まって,大変怒りを覚えておられており,とても難航した。ご両親にもこれまで謝罪ができなかったことについての謝罪文を書いてもらった上,弁護人からも何度も被害者のご両親とお話する機会を設けた。最終的には,ある程度納得していただき,示談を成立させることができた。
 また,少年は,これまでにもかなりの盗撮行為をしており,特異な性嗜好が窺われたため,専門クリニックに通院してもらうことにした。また,前回の審判における意見書を検討したところ,少年の他者の意見に耳を傾けない姿勢等の指摘もあったため,その点を弁護人からも指摘をし,反省日記を通じて,その点に関し,内省を深めてもらい,今後どのようにして改善していったらよいか等を一緒に考えながら取り組んだ。

結果

 保護観察処分を再度獲得。審判では,前回保護観察処分を下した裁判官だったため,裁判官も大変怒っていたが,今回の反省状況等が考慮された。

Pocket

「盗撮」に関する取扱い分野

「盗撮」に関する刑事事件Q&A

「盗撮」に関する刑事弁護コラム

「盗撮」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「盗撮」に関する解決実績

tel mail