未成年に対するわいせつ事件にて保護観察処分を獲得した事案|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

解決実績 解決実績

事案概要

 少年が,路上で18歳未満の少女に対し,わいせつな行為をした事件。

弁護活動方針

 少年のご両親は,被害者との示談を強く希望されていたので,被害者とのご両親と示談を締結することを目指して活動した。被害者は18歳未満の少女であったのもあり,少女の両親はとても強い被害感情を持っていた。
 示談交渉は難航し,何度かご両親と直接お会いして交渉した。本人の反省状況をお伝えしたうえ,接触禁止条項を工夫するなどしながら,示談交渉を目指した。
 最終的には,被害者のご両親に納得いただき,宥恕文言付きの形で示談を締結することができた。
 少年のご両親は示談の点について深く憂慮していらっしゃったとのことで,示談が締結出来た際は,とても喜んでいただけた。

結果

 保護観察処分を獲得。

Pocket

「強制わいせつ」に関する取扱い分野

「強制わいせつ」に関する刑事事件Q&A

「強制わいせつ」に関する刑事弁護コラム

「強制わいせつ」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「強制わいせつ」に関する解決実績

tel mail