殺人未遂の少年事件で、少年の生活態度を指導し、不起訴処分を獲得|刑事事件に強い元検事弁護士が強力対応

解決実績 解決実績

事件の概要

 高校生の少年が,当時同棲していた交際相手の連れ子の首を絞めたとして殺人未遂事件として捜査を受けていた。6か月以上にも捜査を受けており,事件の重大さに心配した両親が来所相談し受任した。

弁護方針

 少年は一貫して否認していて,どこかのタイミングも逮捕される可能性もあったため,直接,警察署へ赴き,引き続き在宅捜査としてもらうように要請した。少年が否認していたため,弁護人が付くまでは長期間にわたり,10回以上の取調べが朝から晩まで続けられていたが,弁護人が付いてからは2回の取調べで捜査が終了し,検察官へ事件送致がなされた。
 その後,検察官に対し,少年の嫌疑がないことを主張した。
 少年の素行はそれほど良くはなく,深夜徘徊や無断外泊,不良な交友関係,怠学などが見受けられ,両親からの指導にも従っていなかったため,少年の生活態度を指導するため,定期的に事務所で面談を実施し,生活環境を改善するよう指導して学業やアルバイトに専念してもらった。

結果

 嫌疑不十分の不起訴処分となり,家庭裁判所へ事件送致されることなく早期に終結した。

Pocket

「刑事事件」に関する取扱い分野

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

法人社員アソシエイト 漆原 俊貴

 弁護士漆原俊貴は,北海道大学法学部を3年次飛び級のため中退後,北海道大学法科大学院を修了しました。その後,司法試験に合格し,第71期司法修習を経て, ...

法人社員アソシエイト 輿石 祐司

 弁護士輿石祐司は,青山学院大学法学部法律学科,東北大学法科大学院を卒業しました。その後,司法試験に合格し,第70期司法修習を経て弁護士法人中村国際刑 ...

アソシエイト 遠藤 かえで

 弁護士遠藤かえでは,中央大学法学部法律学科,一橋大学法科大学院を卒業後,司法試験に合格し,第71期司法修習を経て,弁護士法人中村国際刑事法律事務所に ...

「刑事事件」に関する法律相談Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

ロゴについて

ロゴについて  NICDロゴマーク中央のシンボルは,中村国際刑事法律事務所の欧文表記である「NAKAMURA INTERNATIONAL CRIMI ...

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail
お名前 必須 ex.鈴木太郎
電話番号 必須 ex.090-000-000
メールアドレス ex.t-suzuki@nicd.jp
都道府県 必須
ご相談の種類 必須
弁護士へのご依頼予定 必須
ご相談内容
※200文字以内でご記入ください。現在の文字数は約0文字です。200文字を超過しています。

東京事務所では関東エリア
大阪事務所では関西エリア
名古屋事務所では東海エリア
をカバーしています。