痴漢えん罪事件において,受任翌日の釈放,嫌疑不十分を理由に不起訴処分を獲得|刑事事件に強い元検事弁護士が強力対応

解決実績 解決実績

痴漢えん罪事件において,受任翌日の釈放,嫌疑不十分を理由に不起訴処分を獲得

事件の概要

 通勤電車の中で身に覚えのない痴漢の容疑をかけられ,逮捕された事案。翌日に勾留決定がされるか否かが決まるという重要なタイミングで,家族から依頼を受けた。

弁護方針

 依頼を受けたのが勾留決定される日の前日の夕方であったため,すぐに接見に行き,容疑の内容,逮捕状況などを詳細に聴取。さらに,家族の協力も得て,釈放後の生活圏の調整,家族の監督体制を整え,その内容を書面にまとめ,翌日朝一番に裁判所に提出。
 さらに,痴漢容疑について否認をしつつ,被害者とされる女性と示談する方針も考えられたが,依頼者・家族と相談して示談をしない方法を選択。依頼者に取調べ対応を徹底的に指導し,嫌疑不十分で不起訴処分を狙うこととした。

結果

 痴漢の容疑について否認を貫いたまま勾留請求が却下され,受任翌日の釈放が叶った。
 その後,在宅のまま捜査がされ,警察・検察から取り調べを受けたが,結果的には嫌疑不十分により不起訴処分となった。

Pocket

「痴漢」に関する取扱い分野

「痴漢」に関する刑事事件Q&A

「痴漢」に関する刑事弁護コラム

「痴漢」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「痴漢」に関する解決実績

mail tel