痴漢事案において身柄引受書を作成し,勾留請求を回避し,不起訴処分へ|刑事事件に強い元検事弁護士が強力対応

解決実績 解決実績

事件の概要

 被疑者が走行中の電車内において女性の身体に触れたという痴漢事案。被疑者は逮捕直後から一貫して事実を認めていた。
 被疑者は日本人の妻と共に日本で生活しており,日本の会社に勤務していた。

弁護方針

 妻の身柄引受書を作成し,勾留請求回避を東京地検公安部に依頼し,勾留請求を回避できた。その後,被害者との示談交渉に着手し,被害者から宥恕を得ることができた。

結果

 結果として,不起訴処分を得ることができた。

Pocket

「刑事事件」に関する取扱い分野

被害者支援

被害者の方々のアドバイザーとしてお力になります  レイプ(強姦・強制性交等)や強制わいせつ,そして痴漢・盗撮といった性犯罪の被害に遭われた方は,被害 ...

民事事件

民事事件でお困りの方々のアドバイザーとしてお力になります  当事務所の弁護士は,離婚や相続といった民事事件に関しても豊富な経験と知見があります。 ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

シニアアソシエイト 柏本 英生

ご挨拶  このページをご覧いただいている方の中には,今,人生に一度あるかないかの大変な状況にいらっしゃる方も多いと思います。これからなにが起こるのか ...

法人アソシエイト 山口 亮輔

ご挨拶  弁護士の山口亮輔と申します。私のページをご覧いただき,誠にありがとうございます。私は,若さを活かして日々の執務にあたっております。  刑 ...

法人アソシエイト 漆原 俊貴

ご挨拶  弁護士の漆原俊貴(うるしはらとしき)と申します。  突然ですが,皆さんにとって,弁護士のイメージはどのようなものでしょうか?人それぞれだ ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

mail tel