同一の被害者に対する痴漢行為で逮捕されたが,示談成立し,不起訴処分を獲得した事案|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

解決実績 解決実績

同一の被害者に対する痴漢行為で逮捕されたが,示談成立し,不起訴処分を獲得した事案

 痴漢の事例をご紹介します。駅のホーム上で臀部を触ったという痴漢事件で,結果的に不起訴処分を得ました。

 事案の内容は,連日に渡り同一被害者に対し駅のホーム上で臀部を触り,逮捕されたというものでした。連日に渡り同一被害者に対して痴漢行為を及んだため,被害者への接触可能性が高いと考えられ,当初は,身柄解放は容易ではないという見通しでした。
 弁護側は,早期の身柄解放と,被害者の被害感情軟化のため示談を目指しました。
 まず,被害者と接触しないよう,異なる通勤経路の定期券を保護者に購入してもらい,保護者が通勤に同行する旨の誓約書を用意しました。次に,これらの資料を添付した意見書を検察官に提出し,勾留請求を回避して身柄の解放に成功しました。被害者側との示談交渉の際には,被害者側が依頼人やその家族の素性に強い関心を有していました。そのため,どこまで情報を明らかにするかについて依頼人と丁寧に打ち合わせ,可能な範囲で情報を開示して被害者側の不安感を払拭してスムーズな示談に繋げました。
 結果として,被害者との示談が成立し,不起訴処分を得ました。

Pocket

公開日: 更新日:

「痴漢」に関する取扱い分野

「痴漢」に関する刑事事件Q&A

「痴漢」に関する刑事弁護コラム

「痴漢」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「痴漢」に関する解決実績

tel mail