刑事事件の迅速解決のため24時間の弁護士相談窓口を設置|刑事事件に強い元検事弁護士が強力対応

刑事事件の迅速解決のため24時間の弁護士相談窓口を設置

刑事弁護コラム 刑事事件の迅速解決のため24時間の弁護士相談窓口を設置

刑事事件の迅速解決のため24時間の弁護士相談窓口を設置

 中村国際刑事法律事務所は,元検事が率いる刑事事件に強い法律事務所として,ご依頼者様をはじめとし,各方面よりご好評いただいております。
 当事務所の特徴として,「24時間のご相談受付窓口」を設けております。刑事手続は,時間とともに刻々と移り変わり,逮捕,送検,勾留,勾留延長,起訴不起訴と進んでいきます。

 一方で,弁護士による迅速な活動などにより,身柄拘束後早い段階で釈放されるケースも増えています。警察が被疑者を逮捕してから48時間以内に検察庁に送致し,その後,24時間以内に,検察官は裁判官に被疑者をさらに10間身柄拘束を継続するよう,勾留を請求します。その検察官の勾留請求に対して,昔であれば,ほとんどの裁判官はこれを許可して10日間の勾留を決定し,さらに捜査の必要があれば10日間の延長も認める運用を行っていました。ところが,近年,裁判官が勾留を認めずに却下する事例が増えているのです。例えば,全国の地裁,簡裁で平成17年に0.47%だった勾留請求却下率は,平成26年には2.71%まで上昇し,過去10年間で約5.8倍にもなっているのです。

 このように,早期に身柄を解放し,迅速な事件解決を目指して平穏な生活を早く取り戻すためには,早朝深夜を問わず弁護士による活動着手が求められます。弁護士の関与が早ければ早いほど対処方法の選択肢が増えるというのは事実です。逆に,対応に遅れが生じると,警察での48時間はあっという間に過ぎてしまい,検察庁での24時間も過ぎてしまい,気が付いたら10日間の勾留決定がなされていたということになりかねないのです。
 当事務所では,このように,時間との闘いである刑事事件に即応するため,24時間のご相談受付窓口を設置しております。

刑事事件の解決は,初動の「48時間」ないし「72時間」の対応が結果を左右

 刑事事件を取り扱う法律事務所は,日本全国,数多く存在します。
 しかし,受付時間が平日のみである場合,また,深夜の受付がなされていない場合など,初動の「48時間」ないし「72時間が結果を左右する」刑事事件では,不十分な対応時間帯と言わざるを得ません。
 当事務所では,ご依頼者様の貴重な初動の「48時間」ないし「72時間」を無駄にしないために,24時間ご相談受付窓口を展開しております。

なぜ初動の「48時間」ないし「72時間」の対応が重要なのか

 刑事事件には一連の流れがあり,逮捕後,警察による取り調べが行われます。警察は「48時間」以内に取り調べを行い,被疑者の身柄を検察官に送検するか釈放しなければなりません。この間に,弁護士の迅速な活動により,アリバイなどが証明されて人違いであることが明らかになり,釈放となることがあります。また,被害者との間で示談が成立し,被害届が取り下げられれば,釈放になる可能性が高まります。さらに,弁護士の活動により,ご家族の方から身柄引受書や誓約書をとり,罪証を運滅したり,逃亡したりしないことが疎明されれば,警察は在宅捜査に切り替えて釈放する可能性があります。これが初動の「48時間」が重視される由縁です。

検察は「24時間」以内に勾留請求

 警察が事件を送検した後,検察官は「24時間」以内に被疑者を引き続き勾留して捜査を続けるか,それとも勾留請求をしないで釈放して在宅捜査に切り替えるか判断を下します。この間の弁護士による上記のような活動も,こうした検事の判断を左右する重要な活動になるのです。

刑事弁護は時間との闘い

 こうして,警察段階の「48時間」と検察段階の「24時間」の合計「72時間」が,早期釈放を実現するためにとても重要な時間となるのです。そして,この刑事手続の「時計の針」は,早朝深夜であろうと中断することなく,時を刻み続けます。刑事事件の解決は,「時間との闘い」と言っても過言ではありません。
 中村国際刑事法律事務所では,刑事手続における,こうした「時間」の重要性をご相談受付時間に反映し,これまで数多くの事件で迅速に弁護活動に着手し,早期釈放の成果をあげています。
 当事務所の弁護士が,時間との闘いの中で,次のような活動を迅速に進め,釈放に向けて全力を尽くします。

Pocket

「刑事事件」に関する取扱い分野

弁護士によるセカンドオピニオン

弁護士のセカンドオピニオンとは何か  セカンドオピニオンとは,ある専門家に相談または依頼している案件について,別の専門家に意見を聞くことをいいます。 ...

民事事件

民事事件でお困りの方々のアドバイザーとしてお力になります  当事務所の弁護士は,離婚や相続といった民事事件に関しても豊富な経験と知見があります。 ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

アソシエイト 中村 公輔

ご挨拶  弁護士の中村公輔と申します。刑事事件の手続きは,一般の方々には馴染みのないものであり,実際に逮捕されるなどして初めて手続きの流れを知ること ...

法人アソシエイト 漆原 俊貴

ご挨拶  弁護士の漆原俊貴(うるしはらとしき)と申します。  突然ですが,皆さんにとって,弁護士のイメージはどのようなものでしょうか?人それぞれだ ...

法人シニアアソシエイト 岩澤 祐未

ご挨拶  ご覧いただきありがとうございます。  「ある日突然,刑事事件や民事事件に巻き込まれたあなたには,安心して話をできる場所がありますか。」無 ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

盗撮ハンターとはなんですか。

盗撮ハンターとはなんですか。  盗撮ハンターとは,盗撮行為をしている人を狙い,真実でないのに「被害女性の夫(彼氏,知り合い)である」等の虚偽や「警察 ...

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

mail tel