強制性交等事件で防犯カメラ映像や供述等を心証に不起訴処分を獲得した事案|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

解決実績 解決実績

事案概要

 芸能事務所のマネージャーが新人モデルと散策した後,ラブホテルにて性交したが,相手方から性交の同意はなかったとして110番通報され捜査が開始された事案。

弁護活動

 依頼者は当初より,同意があったものと否認の主張をしていたため,依頼者の話をつぶさに耳を傾け,不利となりうる間接事実,有利となりうる間接事実を聴取して同意の有無について検討した。
 聴取した内容を基に,黙秘するか黙秘を解除して供述させるか検討し,打合せを尽くし,黙秘を解除して依頼者の弁解を捜査機関にも話す方針で弁護活動を決定した。
 警察署での取調べに際し,弁護人の立会いを求めたが拒絶された。
 しかし,弁護人が警察署に赴いて捜査官と事実上の面談をし,客観的に同意があったこと及び主観的に同意があったことを誤信していた旨を申し入れた。
 依頼者と相手方が楽しそうに散策している様子,ラブホテルに入る様子を撮影した防犯カメラ映像,依頼者の供述に虚偽がない様子などから警察署としても同意があっただろうとの心証となり,さらなる補充捜査をせずに不起訴処分となった。
 本件では,依頼者に黙秘させず,供述させることで捜査機関の信用を獲得することができたことが大きかったものと思われる。

結果

 嫌疑不十分により,不起訴処分となった。

Pocket

「強制性交等」に関する取扱い分野

「強制性交等」に関する刑事事件Q&A

「強制性交等」に関する刑事弁護コラム

「強制性交等」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「強制性交等」に関する解決実績

tel mail