強盗罪として送致された被疑者の勾留期間中に示談を成立させ,早期身柄解放と不起訴処分を獲得|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

解決実績 解決実績

事件の概要

 被疑者が,泥酔状態でタクシーに乗った後,タクシーの運転手に対して暴行を加え,運賃を支払わずにタクシーを降りたという強盗事件。
 被疑者は,日本人の妻と日本で居住しており,今後も継続して日本で勤務,生活することを望んでいた。

弁護方針

 単なる暴行ではなく強盗罪として送致されたため,勾留は不可避であった。そこで,早期に示談を成立させ,身柄を解放させる必要があった。

結果

 勾留期間中に,タクシーの運転手及びタクシー会社と示談を成立させ,早期の被疑者の身柄の解放,不起訴処分獲得に成功した。

Pocket

公開日: 更新日:

「刑事事件」に関する取扱い分野

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

パートナー 川瀬 雅彦

ご挨拶  こんにちは。弁護士の川瀬雅彦と申します。ホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。  私は,下記に述べますように長年検事の仕事 ...

弁護士 遠藤 かえで

ご挨拶  「容疑者」,「逮捕」,「家宅捜索」,…日々,皆さんが何気なく目や耳にするニュースの中に,刑事事件に関する言葉は溢れています。他方,そのよう ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績