早期に帰国できるよう即決裁判手続による早期解決を目指し,執行猶予を獲得|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

解決実績 解決実績

事件の概要

 短期滞在ビザしか有しない外国人の被告人が,大麻を所持したまま飛行機に搭乗し,大麻を日本国内に持ち込んだとして空港で逮捕され,大麻取締法違反(輸入),関税法違反で起訴された事件。

弁護方針

 早期に帰国できるように,即決裁判手続による早期解決を目指した。また,保釈獲得のため,本国にいる家族にも協力を求め,裁判までの間の生活環境を調整した。

結果

 即決裁判手続によることが認められたうえ,起訴直後に保釈も認められた。外国人に保釈が認められるのは稀。懲役1年6月執行猶予3年。

Pocket

「刑事事件」に関する取扱い分野

暴行事件の逮捕・示談に強い弁護士

 日常生活で起こりうる,以下のようなトラブルを見てみましょう。 彼女と口喧嘩をしていて,つい手が出てしまった,殴ってしまった けんかになって相 ...

弁護士によるセカンドオピニオン

弁護士のセカンドオピニオンとは何か  セカンドオピニオンとは,ある専門家に相談または依頼している案件について,別の専門家に意見を聞くことをいいます。 ...

民事事件

民事事件でお困りの方々のアドバイザーとしてお力になります  当事務所の弁護士は,離婚や相続といった民事事件に関しても豊富な経験と知見があります。 ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

弁護士 上野 達夫

 弁護士上野達夫は東京大学経済学部を卒業し,司法修習修了後,大手国際総合事務所を経て,ニューヨーク大学ロースクールに留学し,ニューヨーク州の司法試験に ...

弁護士 山口 亮輔

ご挨拶  弁護士の山口亮輔と申します。私のページをご覧いただき,誠にありがとうございます。私は,若さを活かして日々の執務にあたっております。  刑 ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

最新判例 平成27年4月15日

最新判例 平成27年4月15日 事案  準強制わいせつ被告事件の被告人に対して,原々決定は,被害者らとの接触を禁止するなどの条件を付した上で保釈を許 ...

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

mail tel