大麻取締法とは|大麻所持は違法で使用はなぜ処罰されないか弁護士が解説|刑事事件に強い元検事弁護士が強力対応

大麻取締法とは|大麻所持は違法で使用はなぜ処罰されないか弁護士が解説

刑事弁護コラム 大麻取締法とは|大麻所持は違法で使用はなぜ処罰されないか弁護士が解説

大麻取締法について「所持」は違法なのに「使用」はなぜ処罰されないのか

 大麻取締法は,大麻草全体を規制対象にはしておりません。大麻取締法第1条で規制される大麻から成熟した茎や種子は除くとされていて,これらのものを所持するだけでは処罰されません。
 何故かと言いますと,大麻草全体に有害な物質が含まれているという訳ではないからです。幻覚作用等の有害作用を生ぜしめるのは,THC(テトラヒドロカンナビノール)という成分で,これが大麻特有の多幸感,幻覚,妄想などを引き起こし有害性があるとされるのです。このTHCは,大麻草の樹液に多く含まれ,大麻草の花や葉っぱにはこの樹液が多く含まれているのに対し,成熟した茎や種子にはTHC成分はほとんど含まれていないのです。
 日本では伝統的に茎の部分は麻織物や麻縄に利用され,種子は七味唐辛子に使用されるなどして親しまれております。こうしたことから「成熟した茎や種子の部分は有害性がほとんどない」として規制対象から外されたのです。
 ところが,これら茎や種子に全くTHCが含まれていないかというとそうではなく,微量なTHCが含まれていることがあります。そのため,この茎や種子が体内に入った場合に,尿検査で微量な大麻成分(THC)が検出されることが絶対ないとは言えません。そして重要なことは,尿として排出されたものが大麻の茎だったのか,種子だったのか,それとも樹脂(樹液が固まったもの)や花の部分や草の部分だったのか,特定できないことです。
 尿検査で大麻の陽性反応が出たからと言って,それが規制対象である大麻の花や葉っぱ,あるいは大麻樹脂と言われるものをその人が摂取したとは必ずしも言えなくなるわけです。
 そこで,大麻にあたっては覚せい剤とは異なり,使用罪は処罰範囲から除外されたのです。決して有害性が小さいから目こぼしとして不処罰とされているわけではありません。処罰範囲の明確化という刑法の大原則である罪刑法定主義の観点から不処罰とされているのです。

tel mail

Pocket

「刑事事件」に関する取扱い分野

被害者支援

被害者の方々のアドバイザーとしてお力になります  レイプ(強姦・強制性交等)や強制わいせつ,そして痴漢・盗撮といった性犯罪の被害に遭われた方は,被害 ...

民事事件

民事事件でお困りの方々のアドバイザーとしてお力になります  当事務所の弁護士は,離婚や相続といった民事事件に関しても豊富な経験と知見があります。 ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

法人アソシエイト 岩澤 祐未

ご挨拶  ご覧いただきありがとうございます。  「ある日突然,刑事事件や民事事件に巻き込まれたあなたには,安心して話をできる場所がありますか。」無 ...

法人アソシエイト 山口 亮輔

ご挨拶  弁護士の山口亮輔と申します。私のページをご覧いただき,誠にありがとうございます。私は,若さを活かして日々の執務にあたっております。  刑 ...

パートナー(法人社員) 岩崎 哲也

ご挨拶  法律問題でお悩みの皆様,ご心労いかばかりかとお察し申し上げます。  こんにちは,弁護士の岩崎哲也と申します。世に活躍しているたくさんの弁 ...

法人アソシエイト 漆原 俊貴

ご挨拶  弁護士の漆原俊貴(うるしはらとしき)と申します。  突然ですが,皆さんにとって,弁護士のイメージはどのようなものでしょうか?人それぞれだ ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail