略式起訴同意書にサインした状態から依頼し,一転して不起訴処分を獲得|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

解決実績 解決実績

略式起訴同意書にサインした状態から依頼し,一転して不起訴処分を獲得

事案概要

 自動車を運転中,交差点で歩行者と接触し,全治1週間程度のケガを負わせたという事案。受任時点では,事件がすでに検察庁に送致されており,略式起訴同意書にもサインした状況であった。依頼者は,なんとか不起訴にならないかと当事務所に相談。

弁護方針

 すぐに検察官に連絡し,略式起訴を待ってほしい旨と被害者と示談したい旨を伝える。検察官からは,罰金相当の事案であると考えていること,すでに略式起訴同意書にサインがされており,あと数日で年末を迎えることから,当初は,示談を待つことに否定的であったが,説得の結果,2日間だけ待ってもらえることとなった。
 その後すぐに被害者に連絡をし,翌日に示談が成立。

結果

 最終的に,不起訴処分となった。

Pocket

「交通事故」に関する刑事弁護コラム

「交通事故」に関する解決実績

tel mail