その日の午前中に相談の時間を作ってくれ,迅速な対応に救われる思いがしました|刑事事件に強い元検事弁護士が強力対応

感謝の声 感謝の声

その日の午前中に相談の時間を作ってくれ,迅速な対応に救われる思いがしました

 突然,身に降りかかった「冤罪」。
 そんなことに関わるとは,思ってもみませんでした。
 朝,満員電車から降りようとしたところ,突然,後ろから女性に二の腕を掴まれ,「この人,痴漢です」と一方的に言われたのです。
 天地神明に誓って,そんなことはしていません。全くの人違いでした。
 「違います。何もしていません」と言っても,「両者の話を駅員室で聞きます」と警備員に言われ,身の潔白を証明するために,警察の方へ事情を話しましたが,微物検査(※手に被害者の衣服の繊維が付着していないかの検査)で潔白が証明されない限り,疑われ続けると知った時,冤罪の恐ろしさに打ちひしがれました。
 罪をかぶせられては,たまったものじゃない。
 妻が中村先生の事務所を探し出し,「冤罪」に強い先生ということで,相談に伺いました。先生から早速,早朝にメールをいただき,その日の午前中に相談の時間を作ってくれ,迅速な対応に救われる思いがしました。
 その後2週間程で微物検査の結果により,無実が証明されましたが,先生についてもらうことで,安心感がありました。問合せや相談にハイスピードで対処していただき,感謝しております。どうもありがとうございました。

Pocket

「痴漢」に関する取扱い分野

「痴漢」に関する刑事事件Q&A

「痴漢」に関する刑事弁護コラム

「痴漢」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「痴漢」に関する解決実績

mail tel