ディープフェイクポルノ|ディープフェイク等の合成ポルノ事件を中村国際刑事の弁護士が解説|刑事事件に強い元検事弁護士が強力対応

ディープフェイクポルノ|ディープフェイク等の合成ポルノ事件を中村国際刑事の弁護士が解説

刑事弁護コラム ディープフェイクポルノ|ディープフェイク等の合成ポルノ事件を中村国際刑事の弁護士が解説

ディープフェイクポルノ|ディープフェイク等の合成ポルノ事件を中村国際刑事の弁護士が解説

 2020年10月,AIによるいわゆるディープフェイクポルノによるポルノ動画の公開により,男性2名が千葉県警に逮捕されました。逮捕された男性らは,ポルノ動画に映った人物の顔を芸能人にすり替えるという「ディープフェイク」を施したと報道されています。
 今回は,そもそもディープフェイクとは何か,ディープフェイク動画の作成・配信がどのような犯罪に当たるのかにつき,説明いたします。

ディープフェイクポルノとは

 ディープフェイクという技術は,元々映画などで活用するために開発された人工知能(AI)技術で,アバターの動きに対応して別人物の表情や声などを記憶させ,あたかもその別人物が動作してるかのような映像を作り出す技術です。
 残念なことに,現在はこのディープフェイクの技術がポルノ動画に多く用いられてしまっているのが実情です。

ディープフェイクポルノで考えられる量刑

名誉毀損,著作権法違反,わいせつ物頒布等の罪

 ディープポルノ動画の主なものは,既存のポルノ動画を用いて,映っている人物の顔を芸能人などの有名人にすり替えてインターネット上に公開するという手法です。
 このような事案では以下の刑罰に該当することが考えられます。

名誉毀損罪

 ディープフェイクポルノには,有名人があたかもすり替え後の動画の動作を本当に行ったものと視聴者を誤信させるに十分な精巧さがあります。そのような動画の公開は有名人の社会的な評判を低下させるものであり,名誉毀損罪に当たると言えます。
 名誉毀損罪の刑罰としては,3年以下の懲役もしくは禁錮または50万円以下の罰金が科される可能性があります。

(刑法)第二百三十条

 公然と事実を摘示し、人の名誉を毀(き)損した者は、その事実の有無にかかわらず、三年以下の懲役若しくは禁錮又は五十万円以下の罰金に処する。

著作権法違反

 ディープフェイクの多くは,既存のポルノ作品にディープフェイクを施すことから,既存の作品に対する著作権侵害があると言えます。
 著作権違反の刑罰は,10年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金,または懲役及び罰金の双方を科せられる可能性があります。

(著作権法)第百十九条

 著作権、出版権又は著作隣接権を侵害した者…は、十年以下の懲役若しくは千万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。

わいせつ物頒布(わいせつ電磁的記録媒体頒布)罪

 そもそもポルノ動画は,人の性欲を興奮させたり刺激させるようなわいせつ物であり,そのような動画をインターネット上で公開する行為はわいせつ物頒布罪(わいせつ電磁的記録媒体頒布罪)に当たると言えます。
 刑罰は,2年以下の懲役もしくは250万円以下の罰金もしくは科料,または懲役および罰金を両方科される可能性があります。

(刑法)第百七十五条

 わいせつな文書、図画、電磁的記録に係る記録媒体その他の物を頒布し、又は公然と陳列した者は、二年以下の懲役若しくは二百五十万円以下の罰金若しくは科料に処し、又は懲役及び罰金を併科する。電気通信の送信によりわいせつな電磁的記録その他の記録を頒布した者も、同様とする。

わいせつ物所持・保管(わいせつ電磁的記録媒体所持・保管)罪

 販売目的などでディープフェイクポルノを保持・保管した場合にも,わいせつ物頒布罪(わいせつ電磁的記録媒体頒布罪)と同様の罪が成立する可能性があります。

(刑法)第百七十五条

 2 有償で頒布する目的で、前項の物を所持し、又は同項の電磁的記録を保管した者も、同項(※刑法175条第1項)と同様(※二年以下の懲役若しくは二百五十万円以下の罰金若しくは科料に処し、又は懲役及び罰金を併科)とする。

 わいせつ物頒布罪等の詳細は以下の記事をご参照ください。

ディープフェイクポルノ動画を作成・配信してしまったら

 ディープフェイクポルノの配信は,以上に見た通り,複数の罪に該当しうる重大な犯罪です。また,そのような配信の目的にてディープフェイクポルノを作成した場合にも上記のような罪に問われる可能性があります。
 警察の捜査が及んでいない場合,早期の自首によりその後の逮捕などを回避できる可能性があります。警察の捜査が既に及んでいる場合であっても,早めに弁護士に相談することにより,その後の長期の逮捕・勾留を回避できる可能性があります。

まとめ

 ディープフェイクポルノの作成・配信は,様々な刑罰に当たる可能性のある犯罪です。
 実際の逮捕・検挙例もありますので,少しでもお心当たりのある方は,お早めに弁護士に相談されることをお勧めいたします。

Pocket

「ディープフェイク」に関する刑事弁護コラム