司法過程が被告人の更生に及ぼす影響について|刑事事件に強い元検事弁護士が強力対応

司法過程が被告人の更生に及ぼす影響について

刑事弁護コラム

はじめに

 犯罪という社会規範からの逸脱に対して端的に呼応するものは「刑罰」である。そして,罪を犯した者が社会規範に復帰,すなわち「更生」する契機として先ず想起されるのは係る受刑の段階である。したがって,刑事被告人の更生は有罪の判決を受けたときから開始されるというのが一般的な認識であろう。少なくとも我が国の刑事司法制度はこれを前提とした構造となっている。
 もっとも,有罪判決と受刑という終局の客観的契機を待たずとも,捜査機関による立件から公判に至る過程のなかで,被告人において主観的に更生が志向されることも十分に想定され得る。おそらく多くの者にとって,捜査のための身柄拘束に伴う現実的不利益や,犯罪被害の補償に家族が奔走する姿等は悔悟や自責の念を生じさせる要素になるだろう。
 加えて,我が国には刑事司法に準じて,少年法に基づく「少年司法」なるものが存在するが,係る制度においては,終局以前の手続過程自体が,非行少年の更生を促すものとなるべく明確に企図されている。
 本稿では,「刑事司法過程」について,少年司法のそれをも包含したものと,やや拡大的な解釈をしたうえで,その終局以前の手続過程そのものが,罪を犯した者(少年)に更生を促す機能を果たしている実例について考察を試みる。
 ついては下記の文献に依りながら,まずは明確な例証の宝庫である少年司法(少年保護事件手続)に取材し,続いて狭義の刑事司法(成人の刑事手続)について扱う。そして最後に参考として米国の刑事裁判における取組みについて触れることとしたい。

引用・参考文献

 ①伊藤冨士江編『司法福祉入門―非行・犯罪への対応と被害者支援―』(上智大学出版,2010)
 ②澤登俊雄『少年法入門』(有斐閣ブックス,1994)
 ③清水將之編「家裁調査官」『こころの科学No.72』所収(日本評論社,1997)
 ④須藤明・岡本吉生・村尾泰弘・丸山泰弘編
 『刑事裁判における人間行動科学の寄与―情状鑑定と判決前調査―』(日本評論社,2018)
 ⑤藤原正範『少年事件に取り組む―家裁調査官の現場から―』(岩波新書,2006)
 ⑥村尾泰弘『非行臨床の理論と実践―被害者意識のパラドックス―』(金子書房,2012)

少年司法制度

 少年司法の手続は家庭裁判所において行われ,正式には「少年保護事件手続」と呼称される。係る手続はパターナリズムを基礎とする「少年法」が根拠となるもので,同法が趣旨とするところは「少年の健全育成」である。つまるところ少年司法は罪を犯した少年の「教育」を旨としており,「応報」を目的とする刑法および成人向け刑事手続とは趣を異にしている。

社会調査

 少年保護事件手続は「調査過程」と「審判過程」に二分して捉えることができ,前者は対象となる少年に係る資料収集段階,後者は収集された資料に基づき終局判断が行われる段階である。少年法(8条)は「調査前置主義」を定めており,家庭裁判所は係属した少年についてまずもって「調査」を行わなければならない。
 この調査のうち,家庭裁判所調査官(以下,家裁調査官)によって実施されるものは「社会調査」と呼ばれ,対象少年について総合的かつ詳細な内面および身辺の調査が行われる。調査主体となる家裁調査官は心理,教育,そして福祉等人間行動科学に精通した専門家である。社会調査の段階は総じて,当該少年の改善されるべき点を客観的に洗い出す機会が提供されることに他ならず,これだけでも本人および周囲の認識を新たにさせる契機が生じていると言えよう。
 さらに,係る調査は主として少年と家裁調査官との1対1の面接を通して行われるところ,家裁調査官はその専門的知見を駆使して,少年およびその保護者の内省が深まるような教育的ないし指導的なアプローチを交えつつ調査を進捗させる。また,家裁調査官は司法的権威を背景に面接を行うため,平時において自発的改善に至らない少年もより真摯な態度を促されることになる。加えて,観護措置により少年が少年鑑別所に入所する場合には,同所内での心身鑑別および行動観察も重ねて行われるかたちとなり,当該少年はより多面的に更生に資する診断を得ることとなる。

審判

 少年保護事件手続の終局は「審判」である。少年法は22条において審判について「懇切を旨として,和やかに行う」と定めており,成人の刑事手続における公判とは雰囲気が異なるものになっている。審判は,原則1名の裁判官による問いかけと,少年による応答といった非構造的な対話を中心に進められ,裁判官は折に触れて少年に説諭や激励を行う。また,必要があれば調査を行った家裁調査官も同席し,少年を励ます。
 なお,審判には原則として少年の保護者も出席し,少年同様,裁判官からの質問に応答することを求められる。まさに親子一体となって事件に向き合うかたちとなるのである。加えて,少年の更生意欲喚起のために必要と認められれば,少年の在籍校の教諭や,勤務先の雇用主が審判に出席し,少年を応援することもある。
 審判においては少年院送致や保護観察といった終局決定が行われるが,調査から審判に至る過程において家裁調査官によるアプローチ(教育的措置あるいは保護的措置という)が功を奏し,当該少年が更生したと判断できた場合には,「不処分」という終局が選択される。
 さらに,調査の面接場面において既に少年の更生が明認できた場合には,審判の場すら設けない「審判不開始」という決定も行われ得る。実際のところ,少年保護事件手続における終局決定の過半数が「不処分」か「審判不開始」となっている。

試験観察

 試験観察とは終局決定の判断を一時留保したうえで,より的確な処分決定のために保護手続に付されている少年の動向を家裁調査官が一定期間観察を行う暫定措置のことをいう。この措置は家庭裁判所における少年保護プロセスの処遇的性質を端的に示すものである。
 およそ半年以内の期間のなかで,対象の少年は家裁調査官の定めた遵守事項を履行しつつ,最終決定の場となる次の審判を待つことになる。
 試験観察に際して,家裁調査官はケースに見合った遵守事項を設定し,積極的に少年の更生を企図していく。遵守事項は社会性涵養のためのボランティア活動への参加であったり,内省を深めるための日誌作成であったりする。
 終局決定が留保された状況は,対象の少年および保護者において強い心理的強制を生じさせ,確固とした更生への意欲を喚起させる要素となる。

被害者照会

 家裁調査官は,少年事件の被害者に対して被害状況等の照会を行う。係る照会の回答内容が調査過程でどのように用いられるかは個別的に決定されるが,家裁調査官によって少年本人に伝えられることもある。少年が被害者の立場を理解する契機として決定的なものとなると同時に,更生に強い影響力を持つものとなることは言うまでもないだろう。

各種講習等

 家庭裁判所は,様々な非行ケースに対応した講習やプログラムを設け,少年の保護手続に臨んでいる。交通事犯の少年に向けた交通講習や,性的逸脱傾向のある少年への性教育,犯罪被害者の講演聴講や保護者会,親子でのキャンプイベント等,種々の企画から少年の更生を模索している。

小括

 以上述べたとおり,少年保護事件手続は単なる終結処分決定手続に留まらず,既に更生を促す処遇手続ともなっていることが了解できる。現に多くのケースが審判かそれ以前の過程(審判不開始)で終局を迎えているという事実はまさにその証左であろう。
 なお,かくなる少年保護事件手続における取り組みは成人の刑事手続にも応用可能なものがある。制度的な裏付けはないにせよ,主体的な実践にあたっての示唆に富むと言えよう。

刑事司法制度

 我が国の刑事司法制度は,罪刑法定主義に基づく応報を主幹とするシステムになっている。つまるところ成人の刑事裁判は,被告人に対し,専ら制裁を科すことを目的とする刑罰が,いわば無機的に手当てされる過程であるといえ,そこに被告人の更生に資するような要素が多数含まれているとは言い難いものがある。

情状鑑定

 「情状鑑定」というプロセスは,応報刑論に基づく我が国の司法手続の過程において被告人の更生に強い影響を及ぼし得る段階として特筆すべきものであると言える。
 近年,刑事司法において福祉的要素導入の動きが強まっていることに加え,裁判員裁判において,裁判員が量刑判断の参考として「被告人の人となり」の解明を求める動きが散見されるなかで,被告人を人間行動科学の知見をもって分析することを志向する「情状鑑定」は,その意義を強めつつあると言える。さらに,将来的な「判決前調査制度」の導入を展望する流れのなかで関連研究が蓄積され始めている。
 「情状鑑定」は,裁判所からの命令により実施される正式鑑定(刑事訴訟法165条)と,当事者(弁護人)が独自に依頼して行われる私的鑑定とに分類できる。前者は裁判所が必要と判断している以上,実施に際して様々な便宜が図られる一方,私的鑑定はあくまでも被告人側が裁判手続とは独立して実施を要請するものであるため,種々の制約が伴う。鑑定人はいずれの場合も精神医学や心理学の専門家が務めることが多いようである。

正式鑑定

 正式鑑定について,岡本(2018,前掲文献④p.54以下)は,約3ヶ月の鑑定期間において,被告人本人との心理検査も交えた面接を10回程度,加えて,被告人の家族との面接を5回(うち1回は被告人も同席した合同面接)行ったほか,さらにその他被告人の社会資源となる関係者等と複数回面接した事例を報告している。
 情状鑑定において被告人本人との面接はもっとも基幹となる作業であるところ,岡本はその要諦について,カウンセリング技術を用いた「被告人との信頼関係の成立」であるとしたうえで,次のように述べる。
 刻々と変化する被告人の心理状態をキャッチしながらそれにチューニングを合わせて応答することで,被告人自身が自然に内面を語れるように整える。(中略)このようにして,被告人の生活や心理を丸ごと理解していくのであるが,そのような全体としての被告人を理解することが,実は,被告人が事件について正しく語ることにもつながる。(岡本,2018)
 かくのごとく,面接を重ねるなかで被告人は自らの罪について内省を深めることになる。
 また,岡本は心理検査の結果をもって検察官による疑いが退けられた例についても触れ,係る検査が客観的証拠として有意義なだけでなく,被告人自身の内面理解を促進するものでもある旨述べている。
 他方,被告人面接と別途実施された家族面接や関係者面接においては,被告人を取り巻く社会的環境の分析が行われており,延いては被告人の更生を支援する人間関係が醸成されることを促す様も見て取れる。

私的鑑定

 須藤(2018,前掲文献④p.65以下)は,私的鑑定が正式鑑定と比して多くの制約を受けることを指摘しつつも,弁護人が鑑定結果をより柔軟に活用できる利点があるとし,さらに,鑑定人が弁護人と早期から連携することによりコンサルテーション機能が十全に果たされるならば,と述べている。
 これに沿うかたちで,村尾(前掲文献④p.78以下)も, 情状鑑定のプロセスの中で被告人の反省が深まることや社会への見方が肯定的に変容することは,実務上しばしば認められるところである(村尾,2018)と説いている。村尾は自身の担当した性犯罪ケースの情状鑑定(私的鑑定)において,臨床心理学(家族療法)の技術をもって,被告人の犯罪傾向の淵源となった家族関係(母子関係)の修復を行った事例についても報告しており,情状鑑定というプロセスが秘める更生に資する影響性の大きさに驚かされる。

小括

 少年司法においては,非行を少年の成長の契機と捉える。成人の事件においても,犯罪という人生における危機場面は,被告人と,その周囲の人間関係(多くの場合は家族)にとって,蓄積された葛藤の棚卸しの契機であると言うことができる。そのような重大局面において,人間行動科学の専門家が治療的に関与することが,当事者のその後(更生)にいかに肯定的な影響を及ぼすかは想像に難くない。特に上述した情状鑑定のプロセスが被告人の更生に影響を及ぼしていることはもはや明白である。

米国の刑事裁判における取り組み

 米国では,「回転ドア現象」と呼ばれる,刑罰の有効性に疑問を生じさせる再犯の多発への解決策を模索するなかで,ドラッグコートをはじめとする「問題解決型裁判所」という新しい刑事司法モデルが登場しているが,こうした取組みは「治療的司法」と題される理論に依拠している。

治療的司法

 「治療的司法」は,責任主義に基づく応報的な司法とは異なり,犯罪にはしる者を人間行動科学により分析し,そこで明らかになる生物・心理・社会学的な負因を,あくまでも適正手続が確保されるなかで除去することを目指すものである。この具体的実践のさきがけとなったのが,1989年にフロリダにおいて設置された「ドラッグコート」という機関である。

ドラッグコート

 ドラッグコートの誕生は,薬物事犯における度重なる再犯(回転ドア現象)と,付随する治安の悪化の対処に従来的司法の限界を認識した,フロリダの裁判官たちによる実務における取組を起源としている。
 ドラッグコートは,薬物事犯の原因である依存症状を刑罰によって解消するのではなく,人間行動科学に基づく治療プログラムによって改善することを目的とする。立件の初期段階でドラッグコートの利用を選択した被告人(クライアント)は,刑罰の宣告を留保されたうえで,裁判官が主宰し,検察官および弁護人,そして司法ソーシャルワーカーが連携して運営する回復プログラムの履修を課される。
薬物依存解消を最終段階とするプログラムの課程において,クライアントの前進と後退はそれぞれに対応する賞罰が定められている。プログラムはトライ&エラーを前提としているため,薬物再使用に対するサンクションは漸進的に設定され,多少の失敗は受容されるかたちになっている。当然,失敗が反省なく繰り返されると最終的にはプログラムの打ち切りと,本来の刑事手続の再開が決定されることになる。
他方,前進と後退を繰り返しつつもプログラムを修了できた際には,留保されていた刑事手続は正式に中止され,被告人は前科が付けられることなく社会復帰することになる。
ドラッグコートの取り組みは薬物事犯以外の事案にも応用され,家庭内暴力事犯に対処するDVコートや,ギャンブル依存症由来の財産犯向けのギャンブリングコート等も誕生している。

判決前調査制度

 米国には判決前調査という,刑事裁判に人間行動科学の知見を組む込む制度が存在する。同制度は判決前に被告人の犯罪時の社会的境遇や成育歴等のプロフィールについて,人間行動科学の専門家が仔細に調査を行うというもので,裁判所の的確かつ個別的な量刑判断を支援するものとなっている。
判決前調査の淵源は1840年頃にまで遡るとされ,ある私人が判決前の被告人を引き取って世話を行い,その更生模様をレポートし裁判所に届けた,という取組みがはしりとなったようである。
 公的制度としては,1870年代に,裁判所に所属する「プロベーションオフィサー」という専門職によって行われる調査が法的根拠をもって開始されている。その後政治的な影響を受けつつも制度は維持され,1960年代にはプロベーションオフィサー以外の専門家(弁護人と協働するソーシャルワーカー等)による調査も行われるようになり現在に至っている。
 したがって,今日の米国では,裁判所の一機関であるプロベーションオフィサーによる調査と,弁護人側の司法ソーシャルワーカーによる調査が並立して行われるかたちとなっている。なお前者については,近年において内容が犯罪事実ばかりとなり,もはや当初の趣旨を果たすものではなくなった,との指摘が強まっている。もっとも,曲がりなりにも「調査」は行われるのであって,結局のところ後者の調査と相まって,「被告人の人となり」についてより濃密に分析する契機を相補的に形成していると捉えるのが妥当なようである。

小括

 以上のように,米国の刑事裁判の過程においては被告人に対する様々なアプローチが展開されている。特に,「判決前調査制度」は,我が国においては少年司法の領域に限って実践されているものが,成人の刑事裁判においても適用されていると言えるのであって,刑事司法手続の過程が被告人の更生に如実に影響を及ぼすものとなっている。

むすび

 以上,司法過程が更生に及ぼす影響について,我が国の少年司法および刑事司法制度,そして米国の刑事司法制度に至る雑多な事例を挙げつつ拙い考察を行ったが,総じて,受刑以前に被告人をして更生を志向せしめる契機が存することは十分に肯定されたと結論できるのではないか。延いては,司法過程がむしろ積極的に更生に資するものとなるように企図されるべきことも明らかになったものと思料できる。末尾に須藤による論考を紹介し締めくくることにする。

 犯罪・非行臨床の面接は,『鑑定する』『鑑定を受ける』という非対称の関係性を出発点としながら,より意味ある体験を通して両者の関係性が変容していく過程である。意味ある体験とは,鑑定面接を通じて改めて自分の人生をふりかえりつつ,新しい人生の物語を紡いでいく過程である。人生の一端を理解してもらえたという自己の体験の基盤があってこそ,被害者に与えた影響の大きさに気づき,後悔などの思いがはじまるといってよいだろう。
 ―須藤明「心理鑑定における臨床面接の意義」
 橋本和明編『犯罪心理鑑定の技術』所収(金剛出版,2016)

Pocket

「刑事事件」に関する取扱い分野

被害者支援

被害者の方々のアドバイザーとしてお力になります  レイプ(強姦・強制性交等)や強制わいせつ,そして痴漢・盗撮といった性犯罪の被害に遭われた方は,被害 ...

民事事件

民事事件でお困りの方々のアドバイザーとしてお力になります  当事務所の弁護士は,離婚や相続といった民事事件に関しても豊富な経験と知見があります。 ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

アソシエイト 宮本 萌

ご挨拶  こんにちは。アソシエイトの宮本萌と申します。  世の中には沢山の法律が存在します。このくらい大丈夫だろう,と思ってした行為が罪に問われ, ...

アソシエイト 勝浦 貴大

ご挨拶  大阪で弁護士をしている勝浦貴大と申します。社会は日々,複雑に変化しますが,刑事事件もの様相も複雑かつ多様に変化するものと思います。こうした ...

アソシエイト 坂本 一誠

ご挨拶  私は,これまで100件以上の刑事事件に携わり,痴漢や盗撮,万引きといった皆様の日常で発生することのある事件,組織的な特殊詐欺事件,強盗致傷 ...

法人アソシエイト 漆原 俊貴

ご挨拶  弁護士の漆原俊貴(うるしはらとしき)と申します。  突然ですが,皆さんにとって,弁護士のイメージはどのようなものでしょうか?人それぞれだ ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail
お名前 必須 ex.鈴木太郎
電話番号 必須 ex.090-000-000
メールアドレス ex.t-suzuki@nicd.jp
都道府県 必須
ご相談の種類 必須
弁護士へのご依頼予定 必須
ご相談内容
※200文字以内でご記入ください。現在の文字数は約0文字です。200文字を超過しています。