刑事事件に強い弁護士がさいたま,川口など埼玉の刑事事件・裁判に対応|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

刑事事件に強い弁護士がさいたま,川口など埼玉の刑事事件・裁判に対応 刑事事件に強い弁護士がさいたま,川口など埼玉の刑事事件・裁判に対応

さいたま市など埼玉県内の刑事事件・刑事裁判に元検事弁護士が強力対応

不安から逃げるのはなく,真正面から向き合いましょう

刑事事件はスピードが命です

さいたま市や川口市など埼玉県内にお住まいの方で,ご自身やご家族が刑事事件の対象となってしまい,刑事事件・刑事裁判に強い弁護士をお探しの方は当事務所にご相談を

 ご自身やご家族,知人が警察に逮捕され,または,冤罪であるのに犯罪加害者であると疑われる等,時に警察から不当に扱われる事態があります。
 刑事事件はスピードが命です。逮捕,勾留,起訴といった刑事手続は刻一刻と進んでいきます。弁護士への相談は早ければ早い程効果的です。埼玉県やその近辺にお住まいの方でお困りの際,まずは当事務所の弁護士による法律相談をご利用ください。埼玉県内の刑事事件や犯罪情勢に詳しい,元検事弁護士率いる弁護士が相談を受け,親身なアドバイスを行います。

元検事がリードする機動性・専門性の高さが特徴です

 当事務所には,浦和地検(現さいたま地検)での勤務経験を有する元検事が在席し,埼玉県内の刑事司法事情について非常に詳しいです。埼玉県警やさいたま地検の捜査対象となった刑事事件では,経験豊かな弁護士による迅速な活動が常に求められます。当事務所の弁護士は,検事出身者の弁護士により徹底的な訓練を受けている刑事弁護のエキスパートです。
 長期の身柄拘束を回避する迅速な活動を展開し,また,自白事件では起訴を回避するために誠意をもった示談交渉を粘り強く行い,冤罪・否認事件では証拠収集活動を積極的に行って検事に対して証拠不十分による不起訴釈放を主張・説得します。
 刑事事件では機動性や迅速性だけでなく,粘り強い示談交渉能力,高い証拠分析力や豊富な刑事事件の経験に支えられた強力な説得力も求められます。元検事が指揮する当事務所では,刑事弁護の実力派と言える弁護士が多く在籍しています。

公判弁護活動の経験も豊富です

 捜査段階から弁護士をつけたが,示談が上手く成立しなかった等の理由で起訴されてしまうこともあります。起訴されてしまえば,舞台は公判に移ります。さいたま地裁やその支部での公判活動は,法廷で優秀な検事たちと闘うこととなるため,刑事事件弁護士にも多くの刑事裁判の経験が必要です。
 刑事事件の裁判において被告人に有利に裁判を進めるためには,「事案分析力」や異議を的確に出すなどの「法廷技術」,迫力ある説得的な弁論を行うための「起案力」のある弁護士が必要です。
 また,刑事裁判において検事と対等に闘うためには「経験」の量が結果を左右します。刑事裁判の弁護士には,理論面,認定技術,判例知識だけでなく,法廷での集中力,瞬発力,表現力,説得力など,刑事事件処理の経験に裏打ちされたあらゆる能力が求められます。
 当事務所の弁護士は,いずれも日ごろから元検事の厳しい指導を受けて訓練を積んでいる刑事事件のスペシャリストです。法廷技術講座などの外部研修も受けて研鑽を積んでおり,埼玉県内の犯罪情勢や刑事事件にも精通しております。
 刑事事件は第1審が勝負と言えるでしょう。控訴審があるから今の弁護士で大丈夫等と容易く考えないでください。第1審判決は,よほどのことがない限り,控訴審や上告審で覆せません。
 現在弁護士がついている方もセカンドオピニオンとして当事務所の法律相談をご利用ください。

感謝の声に裏付けられた確かな実績

 当事務所では,これまで年間3,000件を超える刑事事件のご相談電話に対応し,数多くの身柄解放,不起訴処分,執行猶予判決を獲得してきました。埼玉県内在住のご依頼者様やそのご親族様からは,当事務所の弁護活動に関する多くの感謝の声が寄せられ,ご評価いただいております。
 当事務所では,ご依頼者様のご評価に裏付けられた確かな刑事弁護活動を日々実践し,結果を出しております。

適正で明確な弁護士費用で皆様へ安心を

 刑事事件を扱う法律事務所の中には,簡易な事件にもかかわらず割高な弁護士費用を要求するところもあります。当事務所の弁護士費用は,弁護士会の旧報酬基準に即した費用設定をしております。また,クレジットカードでの支払いも受け付けております。

控訴事件にも対応します

 事実関係は認めながらも,第1審判決の量刑に不服がある場合,控訴をご検討下さい。執行猶予が付くと期待していたのに実刑となったり,主犯ではないのに,主犯と認定されて共犯者よりも重い量刑になってしまったりした場合,示談交渉がうまくいかずに被害者感情が反映された厳しい実刑判決になった場合など,証拠内容や第1審後の弁護活動如何では,控訴審で第1審判決が覆されることもあります。
 控訴審は,第1審で審理されたことをやり直す手続ではなく,事後的に控訴の理由があるかどうかを判断する手続です。第1審判決の判断が,事実認定や量刑判断で正しいか否かを審理する手続です。第1審で下された判決が,事実認定や量刑判断において不当だと主張するためには,判決書に現れた事実認定や量刑判断に関して,専門家の目で的確に分析検討し,実刑有罪としたその事実認定の合理性や正当性ばかりではなく,訴訟手続に違法はないか,法令解釈ないし適用に誤りはないか,量刑相場から逸脱していないか…など,訴訟法の専門的な観点からの分析が必要不可欠です。
 当事務所では,一審の判決書を分析し,理論面,認定手法,判例理論や説得力ある文章表現などあらゆる観点から説得的な控訴趣意書を作成します。
 また,控訴審の弁護は新人弁護士に担当させません。経験豊富な元検事の弁護士が担当します。控訴すべきか否かに関して,元検事の弁護士がその経験に基づき,控訴しても判断が変わらない場合にはその旨を確と説明いたします。安易に全ての事件を受任するのではなく,勝ち目がある事件のみ受任しております。

mail tel

浦和事務所へのアクセス


事務所所在地埼玉県さいたま市浦和区高砂3-17-21 高砂武蔵ビルディング701
地図アプリで見る
電話番号048-767-4221
アクセス国際興業バス「県庁前」よりすぐ
 ・5番のりば「県庁前・中浦和駅経由志木駅東口」行
 ・7番のりば「県庁前・北町四丁目経由蕨駅西口」行
  「県庁前・武蔵浦和駅経由戸田車庫」行
 ・8番のりば「中浦和駅経由西浦和車庫」行
JR浦和駅西口より徒歩13分
Pocket

「埼玉」に関する刑事弁護コラム

mail tel