保険金詐欺事件において,不起訴処分を獲得した事案|刑事事件に強い元検事弁護士が強力対応

解決実績 解決実績

保険金詐欺事件において,不起訴処分を獲得した事案

事件の概要

 会社の経営者が,従業員ではない共犯者の休業損害証明書を作成して,保険会社から保険金をだまし取ったとされる共犯事件。

弁護方針

 被疑者は,共犯者が保険金を騙し取ることを認識しておらず,詐欺の犯意,共謀を否認していたため,従業員ではない共犯者に休業損害証明書を作成した経緯,被疑者の日頃の経営形態,共犯者との関係性,だまし取った金銭の分け前,被疑者の事業収集,類似裁判例の事実認定などの客観的な証拠の収集に努めて,検察官に詐欺の犯意,共謀が認められないことの説得を試みた。
 その他,取調べの違法性,不当性が認められたため,検察官,警察署長に対して,取調べの抗議書を提出して,裁判になった際の証拠としての弁護人面前調書を作成した。

結果

 客観的証拠から,被疑者に詐欺の犯意,共謀が認められないことの意見書,自白の任意性を争う旨の意見書を提出することで,被疑者に対しては不起訴処分となった。

Pocket

「詐欺」に関する取扱い分野

「詐欺」に関する刑事弁護コラム

「詐欺」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「詐欺」に関する解決実績

mail tel