山口 亮輔|刑事事件に強い元検事弁護士が強力対応

山口 亮輔 山口 亮輔

ご挨拶

 弁護士の山口亮輔と申します。私のページをご覧いただき,誠にありがとうございます。私は,若さを活かして日々の執務にあたっております。
 刑事事件は一刻を争います。弁護士に相談しなければ次々と手続が進みます。この時期に弁護士に相談していれば結果が変わっていたかもしれないと,手遅れとなった事件をこれまで数多く見てきました。警察署や検察庁から一度呼出しを受けて何事もなかったとして,弁護士に相談せず生活を送っていると,ある日突然逮捕や家宅捜索がなされることがあります。私はこれまで一刻を争う事件についての解決経験がありますので,まずはご相談ください。

学歴・経歴

 神奈川県小田原市で生まれ,福岡県で幼少期を過ごし,横浜市内の小中学校を卒業し,東京都私立桜美林高等学校に進学しました。桜美林高等学校では,硬式野球部に所属し,甲子園を目指す高校球児として昼夜野球に打ち込む生活を続けておりました。硬式野球部で過ごした厳しい学生生活により精神的にも身体的にも鍛え上げられ,現在も難題を乗り越える原動力となっております。その後,法政大学法学部に進学し,法律サークルやゼミナールでの研究,学外討論会への参加,中学校に赴いて法教育活動を行うといった学生生活を過ごしておりました。
 法政大学法学部を卒業後は,中央大学法科大学院に進学し,企業法務部へのエクスターンシップ,国家公務員総合職採用試験に合格し,中央官庁訪問等の経験し,法律家が法曹三者に限らず様々な分野で活躍されていることを実感いたしました。中央大学法科大学院を修了後,司法試験に合格し,東日本大震災の爪痕が残る仙台で司法修習に臨み,事件関係者の生の不安を目の当たりにしました。特に,東日本大震災の影響で日常生活が激変し犯罪に至ってしまった事件,同じく環境の変化により非行に至ってしまった少年事件,精神不安から薬物や窃盗を繰り返し,刑務所と社会を行き来してしまっている事件などが印象に残っております。このような経歴の後,東京弁護士会にて弁護士登録をして今日に至っております。

弁護士としてのポリシーや弁護士を目指した動機

 司法修習で目の当たりにした中で最も印象的であるのは刑事事件でした。実務修習を通して,これまで社会生活を何も問題なく過ごしてきた方々が,ふとした出来事が契機となって雪だるま式に積み重なり,最終的に刑事事件を起こしてしまったケースを目の当たりにしました。特に自分と同世代の方々や家庭裁判所に送致された少年事件については,長い人生の中,何とかして再スタートを切ってほしいとの思いが強くなりました。環境の変化によって精神的,身体的にストレスを生じて平穏な日常が突然崩れるものが刑事事件です。
 私は,これまで何不自由なく野球や勉学に励むことができましたが,私自身も犯罪や非行に至ってしまった方々と同じ境遇となってしまった際に,同じことをしたかと問われれば,絶対にしなかったとは自信を持って言いきれません。このような経験がきっかけとなり,弁護士として,人生の再スタートをサポートし,過ちを犯してしまった方々には,時に厳しく接し,真実を話して自分自身を振り返り,二度と過ちを犯さないよう最大限の弁護活動を行い,私にとって最初で最後の依頼者となっていただきたいと考えております。
 その一方で,全く身に覚えのない事件であっても,犯人として疑われて身柄を拘束され,メディアにも報道されるのが刑事事件です。私は真実を訴える方々のために最後まで依頼者の真実を証明するために労を惜しみません。

主な案件実績

 暴行・傷害・器物損壊事件,詐欺,横領事件,強制わいせつ・強制性交等の性犯罪事件,覚せい剤・麻薬等の薬物事件

 刑事事件については,これまで在宅捜査事件,身柄捜査事件,公判事件のほか,控訴事件も担当してきました。
 身柄捜査事件については,依頼者との接見,家族や勤務先との面談,現在の捜査状況を踏まえて,裁判官や検察官と面談を行い,身柄拘束の要件や必要性が備わっていないことを訴えかけ,勾留請求回避,勾留請求却下,勾留延長却下等の早期の身柄釈放を実現して参りました。
 在宅捜査事件についても,被害者との示談交渉,担当刑事,担当検事と面談をし,捜査状況等密に連絡を取り合い,不起訴処分を獲得してまいりました。

主な業務分野

 刑事事件全般,少年事件全般,一般民事事件

弁護士としてのやりがい

 身に覚えのある事件であっても,身に覚えのない事件であっても,刑事手続の実現のために,違法・不当な身柄拘束は許されません。私は接見を通して,日に日に自信を無くし,精神的に追い詰められている方々を目の当たりにしました。そうした不安に押しつぶされそうになっている方々のために早期に身柄解放を実現し,自身を振り返り,真っ当な人生を歩む再スタートを切ることをサポートすることができるのが弁護士としてやりがいを感じております。あの時,弁護士に相談して良かったと心から実感していただけるように尽力いたします。

所属委員会・団体等

 刑事弁護委員会(東京弁護士会)
 刑事弁護フォーラム
 財団法人日弁連法務研究財団会員
 大同会・親和全期会(東京弁護士会)
 将棋会(東京弁護士会)

趣味

 小学生の頃より,少年野球を始めました。その後も高校球児として硬式野球部で野球漬けの生活を送っていました。高校野球部での経験はこれまでの人生の様々な場面で役に立ちました。大学や大学院でも野球を続け,現在でも観戦はもちろんプレーを続けています。
 ボードゲーム特に将棋が好きで,初段から二段程度の実力ではございますが,詰将棋や定跡書,次の一手書を読んでおります。詰みまで見据えて戦略を立てること,相手の弱点やこちらの弱点分析をすること,全体を俯瞰するという姿勢は,最終処分も踏まえて弁護活動を行うこと,主張の弱点を分析すること,事件の筋を分析するといった刑事事件にも共通するところが多々あると思います。
 硬式野球部で培った栄養学に関する知識を活かし,料理やお弁当作り,お菓子作りにも励んでおります。化学調味料不使用品や無農薬品を使用して調理を行うなど食材や素材にこだわって調理したご飯を食べることが楽しみです。

Pocket

「山口 亮輔」に関するご依頼者様の「感謝の声」