勾留請求却下が認容され,示談成立・不起訴処分を獲得|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

解決実績 解決実績

事件の概要

 被疑者が電車内において被害者に自分の股間を押しつけるなどした痴漢事案。

弁護方針

 被疑者は現行犯逮捕されており,検察官が勾留請求をした。そのため,弁護人は裁判所に対して,意見書を提出し,勾留請求の却下を求める弁護活動を直ちに行った。

結果

 裁判所は,弁護人の意見を受け入れ,被疑者を釈放した。その後,弁護人が被害者と示談交渉を行ない,示談が成立したため,被疑者は不起訴処分を獲得することができた。

Pocket

公開日: 更新日:

「刑事事件」に関する取扱い分野

弁護士によるセカンドオピニオン

弁護士のセカンドオピニオンとは何か  セカンドオピニオンとは,ある専門家に相談または依頼している案件について,別の専門家に意見を聞くことをいいます。 ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

弁護士 坂本 一誠

ご挨拶  私は,これまで100件以上の刑事事件に携わり,痴漢や盗撮,万引きといった皆様の日常で発生することのある事件,組織的な特殊詐欺事件,強盗致傷 ...

弁護士 山口 亮輔

ご挨拶  弁護士の山口亮輔と申します。私のページをご覧いただき,誠にありがとうございます。私は,若さを活かして日々の執務にあたっております。  刑 ...

オブカウンセル 川瀬 雅彦

ご挨拶  こんにちは。弁護士の川瀬雅彦と申します。ホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。  私は,下記に述べますように長年検事の仕事 ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail