同種前歴のある押し付け痴漢で示談を成立させ,検察に事件を送致されずに終結した事案|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

解決実績 解決実績

事案概要

 混雑している電車内における,いわゆる押し付け痴漢の事案。その場で被害女性に痴漢と呼ばれて否定するも警察を呼ばれたもの。過去2年以内に同種の前歴が1件あったため,被害者との間で示談が成立したとしても不起訴処分にはならないおそれがあった。

弁護活動経過

 受任当初より示談成立を期して臨んだが,依頼者には比較的最近において類似の前歴があった。したがって本件において示談は不起訴処分を獲得する上で必要条件ではあるものの,十分条件とはならないことを想定した。
 この点について依頼者に予め十分な説明を行い,理解を得た上で示談交渉に着手した。当然のことながら,被害者との連絡においてはその心情と意向をよく聴き取り,真摯な対応を追求した。
 他方,依頼者には謝罪文作成,心理学関係の書籍購読と反省文の作成に取り組んでいただき,これらは弁護人による不送致を求める意見書の添付資料として警察に提出した。
 結果的に事件発生後1週間という短期間で示談が成立し,被害届提出に至る前にこのような結果を得られたことは大きかった。
 本件の「押し付け痴漢」という態様は,混雑した電車内等の狭い空間で偶然生じた身体的接触を,自己の性的欲求を満たすべく作為ないし不作為的に継続すると言ったようなもので,一般的な痴漢のイメージとはやや異なるが,やはり犯罪として同様に処罰される。
 この種の痴漢は犯罪の認識が不足しがちな傾向があり,本件の依頼者も当初は必ずしも自身に性依存症の傾向があることまでは考えていない様子であった。
 しかしながら弁護人が強く勧めた書籍購読後の反省文においては意識の変化が見受けられ,再犯防止に資するものとなった。
 総じてスムーズに進んだ弁護活動であったが,警察と良いテンポで連絡を取ることができたのもこれに寄与していると考える。

結果

 事件発生後1週間以内に示談が成立した。
 早期示談成立により被害者から被害届が提出されなかったことや,意見書記載の内容も踏まえ,警察が検察に事件を送致せずに事件が終結した。

Pocket

「痴漢」に関する取扱い分野

「痴漢」に関する刑事事件Q&A

「痴漢」に関する刑事弁護コラム

「痴漢」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「痴漢」に関する解決実績

tel mail