執行猶予期間後の麻薬所持事件にて,実刑判決を回避し執行猶予を獲得|刑事事件に強い元検事弁護士が強力対応

解決実績 解決実績

執行猶予期間後の麻薬所持事件にて,実刑判決を回避し執行猶予を獲得

事件の概要

 前回の事件,公務執行妨害等で執行猶予5年間の判決を受けたが,その執行猶予期間が切れて1か月目に犯した麻薬所持事件において, 第1審判決で実刑判決を受け,当事務所へ控訴審を依頼。

弁護方針

 控訴審から当事務所が担当し,生活改善,家族の監督能力向上などの環境整備を行うなどした。

結果

 弁護活動の結果,控訴審で逆転執行猶予判決を獲得し,実刑判決を回避することができた。

Pocket

「公務執行妨害」に関する刑事弁護コラム

「公務執行妨害」に関する解決実績

mail tel