実刑判決が懸念される事案であったのにも関わらず,執行猶予判決を獲得|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

解決実績 解決実績

事件の概要

 同種前科のある被告人が,再度覚せい剤を使用したという覚せい剤取締法違反事件。前刑の執行猶予期間経過後,5年半しか経過していなかった。

弁護方針

 被告人の担当医やアディクション患者の自助団体の主催者に協力を求め,更生計画を具体化したうえで弁論を行った。家族の協力を得て更生環境を調整した。

結果

 執行猶予期間経過後5年半で再度同種犯行に及んでおり,実刑判決が予想される事案であったにもかかわらず,懲役2年執行猶予5年の判決を得た。

Pocket

公開日: 更新日:

「刑事事件」に関する取扱い分野

自首と出頭に強い弁護士

自首と出頭に強い弁護士  「自首」とは,被疑者が誰であるか分からない段階で,自分が被疑者であると名乗り出ることであり,刑法で任意的に減軽されることが ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

弁護士 山口 亮輔

ご挨拶  千葉事務所長の山口亮輔と申します。  私は首都圏の刑事事件,民事事件,少年事件などの法律問題に加えて,子ども担当弁護士(コタン),障がい ...

オブカウンセル 上野 達夫

 弁護士上野達夫は東京大学経済学部を卒業し,司法修習修了後,大手国際総合事務所を経て,ニューヨーク大学ロースクールに留学し,ニューヨーク州の司法試験に ...

弁護士 遠藤 かえで

ご挨拶  「容疑者」,「逮捕」,「家宅捜索」,…日々,皆さんが何気なく目や耳にするニュースの中に,刑事事件に関する言葉は溢れています。他方,そのよう ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

清算条項とは何ですか。

清算条項とは何ですか。  清算条項とは,示談において,示談成立後に追加的な金銭の請求その他主として民事的紛争の蒸し返しを防止するための条項であり,示 ...

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績