少年の更生を考え話合い,結果的に保護観察処分を獲得|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

解決実績 解決実績

事件の概要

 少年が学校に対し,複数回脅迫文を送った威力業務妨害事件。少年は,逮捕当初犯行を一部否認しており,認めた部分についても動機などの点で事実と異なる供述をしていた。

弁護方針

 少年が犯行を行ったことは明らかであったことから,真実を伝えることの重要性を少年に説いた。また,少年の更生を考え,少年の問題点について,時間をかけて話し合った。

結果

 弁護人の働きかけにより,少年は真実を述べ,事件についてすべて認めた。その態度によって,裁判官は少年の反省を認め,少年院送致ではなく保護観察処分との審判を行った。

Pocket

公開日: 更新日:

「刑事事件」に関する取扱い分野

自首と出頭に強い弁護士

自首と出頭に強い弁護士  「自首」とは,被疑者が誰であるか分からない段階で,自分が被疑者であると名乗り出ることであり,刑法で任意的に減軽されることが ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

オブカウンセル 上野 達夫

 弁護士上野達夫は東京大学経済学部を卒業し,司法修習修了後,大手国際総合事務所を経て,ニューヨーク大学ロースクールに留学し,ニューヨーク州の司法試験に ...

弁護士 柏本 英生

ご挨拶  このページをご覧いただいている方の中には,今,人生に一度あるかないかの大変な状況にいらっしゃる方も多いと思います。これからなにが起こるのか ...

弁護士 坂本 一誠

ご挨拶  私は,これまで100件以上の刑事事件に携わり,痴漢や盗撮,万引きといった皆様の日常で発生することのある事件,組織的な特殊詐欺事件,強盗致傷 ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績