建造物侵入・窃盗事件において,2件の勾留請求却下を獲得|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

解決実績 解決実績

事件の概要

 高校生の少年が,共犯者と共に,公園内に設置された2つの異なる売店に侵入し,売店内部の物品を窃取したという,建造物侵入,窃盗事件。

弁護方針

 受験直前での逮捕であり,勾留の回避が最大の目標となった。少年が受験生であり生活状況が安定していること,両親に監督能力があることを,裁判官に直接伝えるために,裁判官面接を行った。

結果

 2回の建造物侵入の事実につき,それぞれ個別に逮捕され,勾留請求されたものの,いずれの勾留請求についても却下決定を獲得。検察官による準抗告も棄却された。

Pocket

公開日: 更新日:

「刑事事件」に関する取扱い分野

自首と出頭に強い弁護士

自首と出頭に強い弁護士  「自首」とは,被疑者が誰であるか分からない段階で,自分が被疑者であると名乗り出ることであり,刑法で任意的に減軽されることが ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

パートナー 岩崎 哲也

ご挨拶  法律問題でお悩みの皆様,ご心労いかばかりかとお察し申し上げます。  こんにちは,弁護士の岩崎哲也と申します。世に活躍しているたくさんの弁 ...

オブカウンセル 川瀬 雅彦

ご挨拶  こんにちは。弁護士の川瀬雅彦と申します。ホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。  私は,下記に述べますように長年検事の仕事 ...

弁護士 山口 亮輔

ご挨拶  千葉事務所長の山口亮輔と申します。  私は首都圏の刑事事件,民事事件,少年事件などの法律問題に加えて,子ども担当弁護士(コタン),障がい ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail