強制わいせつ事案において保釈請求が認容され,結果的に執行猶予処分を獲得|刑事事件に強い元検事弁護士が強力対応

解決実績 解決実績

事件の概要

 英会話教師として勤務していた被告人が,教え子である8歳の男子児童に対し,自室において,同児の陰茎を口淫する等したという強制わいせつ事案。
 捜査段階では一貫して,犯行自体を否認しており,公判請求後に受任した。
 日本には3年間居住しており,日本人の婚約者がいた。

弁護方針

 被告人は,受任後直ちに,口淫の事実については認めた。もっとも,被害者は,肛門に陰茎を挿入させられた等,さらに過激なわいせつの事実を申告していたため,その全てを認めるには至らなかった。
 被害者供述調書を不同意とする一方で,被害者が幼いこと等を口実に,被害者尋問を行わないように検察官と協議し,被害者調書の一部を同意することで,被害者尋問を回避できた。
 検察官から,裁判所に対して,被害者尋問を行わないこと伝えられた直後に保釈を請求した。婚約者の実家を制限住居地として,婚約者の両親に身柄引受書を作成してもらい,保釈請求は認容された。

結果

 示談は成立しなかったものの,損害賠償金の一部を支払ったこと等を理由として,執行猶予処分を獲得できた。

Pocket

「刑事事件」に関する取扱い分野

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

オブカウンセル(法人社員) 岩崎 哲也

 弁護士岩崎哲也は,東京都立国立高校,北海道大学法学部を卒業後,第41期司法修習を修了し,検事に任官しました。東京地検新任検事を振り出しに旭川地検,長 ...

法人アソシエイト 漆原 俊貴

 弁護士漆原俊貴は,北海道大学法学部を3年次飛び級のため中退後,北海道大学法科大学院を修了しました。その後,司法試験に合格し,第71期司法修習を経て, ...

アソシエイト 佐々木 さくら

 弁護士佐々木さくらは,明治大学法学部,千葉大学法科大学院を卒業後,水戸での司法修習を経て弁護士法人中村国際刑事法律事務所に入所しました。  薬物事 ...

「刑事事件」に関する法律相談Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

ロゴについて

ロゴについて  NICDロゴマーク中央のシンボルは,中村国際刑事法律事務所の欧文表記である「NAKAMURA INTERNATIONAL CRIMI ...

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail
お名前 必須 ex.鈴木太郎
電話番号 必須 ex.090-000-000
メールアドレス ex.t-suzuki@nicd.jp
都道府県 必須
ご相談の種類 必須
弁護士へのご依頼予定 必須
ご相談内容
※200文字以内でご記入ください。現在の文字数は約0文字です。200文字を超過しています。

東京事務所では関東エリア
大阪事務所では関西エリア
名古屋事務所では東海エリア
をカバーしています。