早急な示談成立により被疑者は処分保留となり不起訴処分に|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

解決実績 解決実績

事件の概要

 被疑者が自宅において酔った被害者と性交した準強制性交等(旧 準強姦)事案。

弁護方針

 本件では,任意捜査の段階で,被害者と示談交渉をしていたが,突然警察が逮捕に踏み切ったため,早急な示談交渉の成立が求められた。

結果

 被害者との迅速な示談交渉の結果,示談が成立し,被疑者は処分保留で釈放され,不起訴処分を獲得することができた。

Pocket

公開日: 更新日:

「刑事事件」に関する取扱い分野

弁護士によるセカンドオピニオン

弁護士のセカンドオピニオンとは何か  セカンドオピニオンとは,ある専門家に相談または依頼している案件について,別の専門家に意見を聞くことをいいます。 ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

オブカウンセル 川瀬 雅彦

ご挨拶  こんにちは。弁護士の川瀬雅彦と申します。ホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。  私は,下記に述べますように長年検事の仕事 ...

オブカウンセル 上野 達夫

 弁護士上野達夫は東京大学経済学部を卒業し,司法修習修了後,大手国際総合事務所を経て,ニューヨーク大学ロースクールに留学し,ニューヨーク州の司法試験に ...

弁護士 高田 早紀

ご挨拶  弁護士の高田早紀と申します。私の紹介ページをご覧いただき,誠にありがとうございます。  依頼者の方に寄り添い,少しでも刑事手続に対する不 ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail