条例違反及び傷害事件において準抗告が認容され,示談成立・不起訴処分に|刑事事件に強い元検事弁護士が強力対応

解決実績 解決実績

事件の概要

 電車内において,ほとんど記憶をなくすほど泥酔した状態となり,女性に痴漢をし,それを咎めた男性に対し,怪我を負わせた条例違反及び傷害事件。被疑者に勾留決定が出た後に,弊所で受任。

弁護方針

 直ちに,準抗告申立書を起案して,裁判所に提出した。その後は,両事件の被害者との間で示談交渉を行った。

結果

 準抗告の申し立てが認められ,勾留決定が出た直後に釈放された。また,両事件とも示談が成立し,不起訴処分となった。

Pocket

「刑事事件」に関する取扱い分野

弁護士によるセカンドオピニオン

弁護士のセカンドオピニオンとは何か  セカンドオピニオンとは,ある専門家に相談または依頼している案件について,別の専門家に意見を聞くことをいいます。 ...

民事事件

民事事件でお困りの方々のアドバイザーとしてお力になります  当事務所の弁護士は,離婚や相続といった民事事件に関しても豊富な経験と知見があります。 ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

シニアアソシエイト 坂本 一誠

ご挨拶  私は,これまで100件以上の刑事事件に携わり,痴漢や盗撮,万引きといった皆様の日常で発生することのある事件,組織的な特殊詐欺事件,強盗致傷 ...

オブカウンセル 川瀬 雅彦

ご挨拶  こんにちは。弁護士の川瀬雅彦と申します。ホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。  私は,下記に述べますように長年検事の仕事 ...

アソシエイト 中村 公輔

ご挨拶  弁護士の中村公輔と申します。刑事事件の手続きは,一般の方々には馴染みのないものであり,実際に逮捕されるなどして初めて手続きの流れを知ること ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

mail tel