犯行を認めない被疑者を説得して速やかな示談交渉を実現し,不起訴処分を獲得|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

解決実績 解決実績

事件の概要

 被疑者が電車内で女性のお尻を触るなどの行為をした痴漢事案。

弁護方針

 当初被疑者は,自分の犯行を認めていなかったが,弁護人との話し合いの中で犯行を認めた。そのため,被害者と示談交渉を行った。

結果

 被害者と迅速に示談交渉を行った結果,示談が成立し,最終的に不起訴処分を獲得することができた。

Pocket

「刑事事件」に関する取扱い分野

暴行事件の逮捕・示談に強い弁護士

 日常生活で起こりうる,以下のようなトラブルを見てみましょう。 彼女と口喧嘩をしていて,つい手が出てしまった,殴ってしまった けんかになって相 ...

弁護士によるセカンドオピニオン

弁護士のセカンドオピニオンとは何か  セカンドオピニオンとは,ある専門家に相談または依頼している案件について,別の専門家に意見を聞くことをいいます。 ...

民事事件

民事事件でお困りの方々のアドバイザーとしてお力になります  当事務所の弁護士は,離婚や相続といった民事事件に関しても豊富な経験と知見があります。 ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

オブカウンセル 川瀬 雅彦

ご挨拶  こんにちは。弁護士の川瀬雅彦と申します。ホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。  私は,下記に述べますように長年検事の仕事 ...

アソシエイト 宮本 萌

ご挨拶  こんにちは。アソシエイトの宮本萌と申します。  世の中には沢山の法律が存在します。このくらい大丈夫だろう,と思ってした行為が罪に問われ, ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

刑事判例紹介(35)

刑事判例紹介(35) 事案  建造物侵入未遂被疑事件の嫌疑を有するAに対して,犯行計画メモやA名義の預金通帳等を差し押さえることを許可する旨の捜索差 ...

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

mail tel