現行犯逮捕された被疑者に対し直ちに準抗告を申立て,贖罪寄付を行った結果,不起訴を獲得|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

解決実績 解決実績

事件の概要

 被疑者がレンタルビデオ店で被害者のスカートの中をスマホで盗撮した事案。

弁護方針

 被疑者は現行犯逮捕されていたため,直ちに検察官に勾留請求の回避を求める活動を行った。

結果

 弁護人の意見書により,勾留請求を回避することができた。また,被害者と示談交渉活動を行ったところ,示談は不成立となってしまった。しかし,贖罪寄附等を行い,最終的に不起訴処分を獲得することができた。

Pocket

「刑事事件」に関する取扱い分野

弁護士によるセカンドオピニオン

弁護士のセカンドオピニオンとは何か  セカンドオピニオンとは,ある専門家に相談または依頼している案件について,別の専門家に意見を聞くことをいいます。 ...

民事事件

民事事件でお困りの方々のアドバイザーとしてお力になります  当事務所の弁護士は,離婚や相続といった民事事件に関しても豊富な経験と知見があります。 ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

弁護士 遠藤 かえで

ご挨拶  「容疑者」,「逮捕」,「家宅捜索」,…日々,皆さんが何気なく目や耳にするニュースの中に,刑事事件に関する言葉は溢れています。他方,そのよう ...

弁護士 勝浦 貴大

ご挨拶  大阪で弁護士をしている勝浦貴大と申します。社会は日々,複雑に変化しますが,刑事事件もの様相も複雑かつ多様に変化するものと思います。こうした ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail