窃盗事件において迅速対応につき勾留請求を回避し,保護観察処分を獲得|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

解決実績 解決実績

事件の概要

 少年が電車内において酔って寝ていた乗客の鞄を持ち去った窃盗事件。

弁護方針

 本件では,少年が現行犯逮捕されたため,弁護人は勾留請求を回避してもらうよう直ちに検察官へ打診した。また,事件に関する学校への連絡が行かないように警察に要請した。

結果

 検察官は,弁護人の意見を受けいれ,勾留請求を回避し少年を釈放した。さらに警察も弁護人の要請を受け入れ,学校への連絡をしなかった。そして,最終的に少年は保護観察処分を獲得することができた。

Pocket

公開日: 更新日:

「刑事事件」に関する取扱い分野

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

パートナー 坂本 一誠

ご挨拶  私は,これまで100件以上の刑事事件に携わり,痴漢や盗撮,万引きといった皆様の日常で発生することのある事件,組織的な特殊詐欺事件,強盗致傷 ...

オブカウンセル 上野 達夫

 弁護士上野達夫は東京大学経済学部を卒業し,司法修習修了後,大手の総合法律事務所を経て,ニューヨーク大学ロースクールに留学し,ニューヨーク州の司法試験 ...

パートナー 川瀬 雅彦

ご挨拶  こんにちは。弁護士の川瀬雅彦と申します。ホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。  私は,下記に述べますように長年検事の仕事 ...

弁護士 高田 早紀

ご挨拶  弁護士の高田早紀と申します。私の紹介ページをご覧いただき,誠にありがとうございます。  依頼者の方に寄り添い,少しでも刑事手続に対する不 ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

ロゴについて

ロゴについて  NICDロゴマーク中央のシンボルは,中村国際刑事法律事務所の欧文表記である「NAKAMURA INTERNATIONAL CRIMI ...

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績