麻薬及び向精神薬取締法違反事案において,早期に判決を受けることに成功し,執行猶予処分を獲得|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

解決実績 解決実績

事件の概要

 英語教師助手として勤務していた被告人が,東京に遊びに来た際に,MDMAを使用し,職務質問の際に,尿の提出も求められたために,MDMAの使用が発覚したという,麻薬及び向精神薬取締法違反の事例。職務質問の一か月後に逮捕された。
 被疑者は日本で単身居住していた。居住していた宿舎に警察官が訪れたため,勤務先にも事件は直ちに露見した。

弁護方針

 MDMAの単純使用の罪であったため,被告人名義の即決手続についての同意書を作成し,弁護人名義の同意書と併せて検察官に提出した。もっとも,複数の友人と共にMDMAを使用しており,関係者が複数存在していたことから,通常の手続によって公判請求がなされた。
 保釈が困難であったため,係属部書記官に依頼して,公判期日を早期に設定してもらった。また,即日判決してもらえるように依頼した。

結果

 即日の判決は受け入れられなかったものの,第1回公判期日前に判決期日を指定してもらい,早期に判決の言い渡しを受けることができた。
 被告人は,執行猶予判決言渡し後,直ちに,母国に帰国した。
 なお,被告人の父親が日本語を話すことができず,警察署における面会を断られてしまったため,弁護人が一般面会に立会った。

Pocket

公開日: 更新日:

「刑事事件」に関する取扱い分野

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

パートナー 川瀬 雅彦

ご挨拶  こんにちは。弁護士の川瀬雅彦と申します。ホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。  私は,下記に述べますように長年検事の仕事 ...

弁護士 遠藤 かえで

ご挨拶  「容疑者」,「逮捕」,「家宅捜索」,…日々,皆さんが何気なく目や耳にするニュースの中に,刑事事件に関する言葉は溢れています。他方,そのよう ...

パートナー 柏本 英生

ご挨拶  このページをご覧いただいている方の中には,今,人生に一度あるかないかの大変な状況にいらっしゃる方も多いと思います。これからなにが起こるのか ...

弁護士 山口 亮輔

ご挨拶  千葉事務所長の山口亮輔と申します。  私は首都圏の刑事事件,民事事件,少年事件などの法律問題に加えて,子ども担当弁護士(コタン),障がい ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績