刑事事件 弁護士

私たちがベストの刑事弁護を提供します。
弁護士法人中村国際刑事法律事務所

〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町3-29 紀尾井ロイヤルハイツ302

  • 末原 浩人(弁護士)
  • 岡本 裕明(弁護士)
  • 中村 勉(代表弁護士)
  • 岩崎 哲也(弁護士)
  • 二宮 英人(弁護士)

当法律事務所は、あらゆる刑事事件で多くの実績を有します。元検事の弁護士が親身にご相談にのり,皆様の大切な人を護るために全力を尽くします。

  • 24時間対応
  • 初回電話相談無料
  • 土日対応

0120-971-195

メールでのお問い合わせはこちら

秘密は厳守いたします。遠慮なさらず,今すぐに中村国際刑事法律事務所にお電話下さい。
※ 匿名または非通知での相談電話をご遠慮頂いております。ご了承頂きますようお願い申し上げます。

刑事事件での弁護士の役割と重要性

ご家族や恋人,友人など,あなたの大切な人が刑事事件に巻き込まれてしまったとき, あなたは,まず最初に,刑事弁護士を雇うべきかどうか考えるに違いありません。
「有罪率が99%もあるのだから,どうせ弁護士を雇っても結果は変わらない」と考えて 刑事弁護士を雇わない方も確かにいます。
しかし、刑事事件では、法律の専門家である弁護士の役割は極めて重要です。

弁護士を通じて多くの情報を得ることができ
家族とのコミュニケーションが可能となります
刑事事件において、ご家族が突然逮捕された時、直接本人に面会することは、事実上制限されることが多く,また,面会できたとしても面会時間は限られ, 警察官立会いの面会では事件に関する話もできません。本人と面会し、容疑がかかっている事件についての確認や、警察や検察官と面会するなどして事件に関する出来る限りの情報を収集するためには弁護士が必要不可欠となります。
弁護士を選任する際は、刑事事件の経験が豊富な弁護士を選ぶことが肝要です。
不当な取調べや不必要な身柄拘束を
回避することができます
刑事事件にあっては,刑事弁護士に弁護を依頼することで,不当な取調べや不必要な身柄拘束を回避することができます。
この点も刑事事件が民事事件と事情が異なる大きな点ですが,刑事事件の捜査は常に人権侵害と背中合わせです。
刑事弁護士は,刑事手続に精通した法律の専門家として,家族の方々に代わって,違法な捜査をチェックし, 逮捕されている方に対し,被疑者権利の告知や指導を適宜行い、自白を獲得するために厳しい追及、強迫,偽計などの違法な取調べを回避いたします。
被害者との示談交渉を円滑に進めます
刑事事件では,被害者との示談交渉を進める上でも弁護士の存在は不可欠です。被害者の存在を無視して刑事弁護はできません。
金銭的な賠償による被害回復は,被害者にとっても大きな関心事です。被害者がいる刑事事件では,示談が非常に重要です。
結果・成果を出す刑事弁護を強力に進めます
中村国際刑事法律事務所は,有罪率99.8%の現実の中で,常に「結果」「成果」を出す刑事弁護を目指しています。
・麻薬密輸事件で,懲役15年罰金500万円の求刑に対し,無罪判決
・業務上横領の冤罪事件で,無罪判決
・第一審で実刑判決であったのが,中村国際刑事法律事務所に変えた控訴審で,執行猶予付き判決
など,中村国際刑事法律事務所は刑事事件について数々の実績があります。
中村国際刑事法律事務所への依頼者の声を知りたい方は,感謝の声をご覧ください。

感謝の声はこちらへ

▲ページトップへ

中村国際刑事法律事務所の5つの特色

1.模擬法廷を備えた高い専門性
元検事に率いられた刑事弁護チームが,刑事事件に巻き込まれた被疑者被告人の基本的人権を擁護し,強力に弁護します。
中村国際刑事法律事務所は、刑事事件に強い弁護士事務所です。
長年捜査検事として実際に刑事事件を指揮した経験を有する代表弁護士のほか, 元警察官(デカ)として長年刑事捜査に携わった経験を有する調査員2名を擁しています。
また,事務所には専用の刑事模擬法廷を設置しており,証人尋問等の訓練に使用しているプロフェッショナル事務所です。
模擬法廷 こうした最強事務所のチームが一団となって,刑事事件を強力に弁護します。 息子や夫が逮捕されたとの連絡を受けた,冤罪事件に巻き込まれた,なかなか保釈がとれない, 従業員が逮捕された,警察や検察庁から呼び出しを受けた, 刑事弁護士を雇う必要があるのか,どんな刑事弁護士を選んだらよいか,など, 刑事事件に関する具体的なことが知りたい方は, 刑事事件のご相談事例をご覧ください。

ご相談事例はこちらへ

▲ページトップへ

2.無罪獲得実績があり否認事件に強い
刑事事件専門事務所を謳い,刑事に強い事務所をアピールする事務所は多いですが,その多くは主に痴漢,盗撮,傷害等の軽罪を数多く扱っていて,複雑難解な重大刑事事件,裁判員裁判事件,企業刑事事件,あるいは,無罪を争う否認事件についての経験が豊富であるとは必ずしも言えません。
中には,否認事件の弁護対策として,画一的に黙秘や供述調書への署名拒否を指導する弁護士もおります。しかし,そのような弁護方針が常に依頼者の利益に適うとは言えず,事案に即した弁護戦略が求められ,そのためには何よりも否認事件を多く扱った経験や実績がものを言います。
当事務所では,多くの裁判員裁判経験を有し,また,否認事件で無罪を獲得した実績もあります。それは検事経験を有する刑事弁護士2名を擁し,その指導の下,若手刑事弁護士に対する徹底した教育がなされているからであって,他の刑事事件専門事務所と圧倒的に異なる点です。
否認事件の場合には,否認事件経験の豊富さや無罪獲得実績の有無等で慎重に刑事弁護士を選ぶ必要があり,中村国際刑事法律事務所はそのような環境を備えております。
無罪獲得実績
調剤薬局勤務の女性従業員がまったく身に覚えがない売上金を横領したとして逮捕・起訴された業務上横領事件において無罪獲得(函館地方裁判所平20.9.19判決、確定)
成田空港で平成20年4月、合成麻薬MDMA約9万錠を密輸したとして、麻薬取締法違反(営利目的輸入)などの罪に問われたイスラエル国籍の男性(26)に、千葉地裁は29日、「密輸の認識があったというには合理的な疑いが残る」として無罪獲得(千葉地方裁判所平21.8.29判決,1審確定)

ご相談事例はこちらへ

▲ページトップへ

3.的確なセカンドオピニオンの提供
当事務所では,既に他の弁護士に依頼や相談をなされている刑事事件のセカンドオピニオンを受け付けています。「弁護士の方針に従って,このまま否認を続けていって良いのだろうか。」,「弁護士は,供述調書への署名拒否を指示しているが大丈夫だろうか。」,「あまり経験豊富な弁護士ではないので不安だ。」,「弁護士は,待つしかないと言って何も動いてくれないが,時間ばかりが過ぎていって本当にこれで良いのか。」など,既に選任した弁護士の方針や活動に対して,疑問点や不満がある場合があります。そのような場合には,その弁護士に直接説明を求め,今後の見通しや,示談成立の見込み,起訴不起訴の見込みなど,疑問に思っている点や不満に思っている点について,納得するまで説明を聞いて下さい。
一方,そのように弁護士に尋ねてみたけれど,弁護士が丁寧な対応をしてくれなかった,納得のいく説明ではなかった,見通し無く活動しているように思えた,という場合には,別の弁護士(経験豊富な刑事弁護士)の意見をセカンドオピニオンとして聞いてみることも良いことです。もっとも,セカンドオピニオンはあくまでも外部の刑事弁護士の意見ですので,現に担当している弁護士ほどには当該刑事事件に対する情報を持ち合わせていないことに注意する必要があります。このようなセカンドオピニオンの限界も理解した上で活用することが肝要です。 当事務所では,元検事のベテラン刑事弁護士2名を擁し,若手刑事弁護士を指導する立場にあるそうした刑事弁護士が,皆様の事案について,セカンドオピニオンを提供します。もう弁護士を選んでしまった,着手金を支払ってしまったなどと言って諦めることなく,弊所のセカンドオピニオン制度を活用して,刑事事件に巻き込まれた大切なご家族の方の最善の弁護を追究して下さい。
(依頼者の妻の声)
~最後の最後まで諦めずに弁護してくださったお陰で不起訴になりました!~
(依頼者の父親の声)
~痴漢の冤罪から救ってくれた中村弁護士~

ご相談事例はこちらへ

▲ページトップへ

4.適正・明確な弁護士費用
刑事弁護士に事件を依頼したときに,どうしても不安になるのが弁護士費用です。
中村国際刑事法律事務所では,適正かつ明確な弁護士費用を公開しております。
初回の電話相談は,無料(ゼロ円)です。
また,着手金・成功報酬型の通常の事案では, 事件を受任した場合にトータルでどの程度の費用がかかるかについて,丁寧に説明し, 何をもって「成功報酬」の「成功」とするかについても明確に委任契約に定めております。 ですから,後になって予想外の弁護士費用がかかるということがありません。
弁護士費用に関しては、中村国際刑事法律事務所の弁護士費用をご覧ください。

弁護士費用はこちらへ

▲ページトップへ

5.個人情報守秘の徹底
中村国際刑事法律事務所では,刑事弁護活動の中で,依頼者の秘密保持を徹底します。 刑事事件に巻き込まれた依頼者の方にとっては,相談事項が勤務先会社等に漏れないだろうかといった心配がつきません。 犯罪に関する個人情報は,デリケートな情報であるだけに,その漏洩を心配されて弁護士事務所に相談に行くことすら躊躇することがあるでしょう。 中村国際刑事法律事務所では,このような不安をなくすために依頼者の個人情報を徹底管理しております。
一方で,中村国際刑事法律事務所は,被害者の方の個人情報,秘密保持をも徹底しております。 示談交渉を成功させるためには,加害者代理人弁護士と,被害者の方との信頼関係構築が大前提となります。 被害者の方は,加害者の刑事弁護士を「犯罪者の一味」とか,「犯罪者の仲間」と捉えがちで,被害者の方の個人情報が刑事弁護士を介して全て加害者に渡ってしまうのではないかという不安をいつも抱えています。 しかし,中村国際刑事法律事務所では,被害者の方の連絡先,住所等を加害者に教えることは絶対にありません。 加害者の弁護をする上で,そのようなことは不必要ですし,却って,被害者の方の不審を招いて示談交渉が頓挫し,加害者即ち依頼者の利益とはならないからです。

このように,中村国際刑事法律事務所は,依頼者の方の個人情報のみならず,被害者の方々の個人情報の管理にも最大限の注意を払っています。

▲ページトップへ

  • 24時間対応
  • 初回電話相談無料
  • 土日対応

0120-971-195

メールでのお問い合わせはこちら

依頼者の声

依頼者の声1

~私を信じてくれた中村弁護士だからこそ勝ち取れた無罪判決~

私が、今こうして幸せな生活を送れていられるのは、本当に中村先生のおかげです。先生にこの件を引き受けていただけなかったら、今と・・・

詳細はこちら>>

依頼者の声2

~丁寧で安心できる弁護活動をしてくれた岡本先生に感謝~

迷惑防止条例違反による逮捕時の取調では,初めてのことなので気が動転しておりました。 作成された調書に関しましても,それが正・・・

詳細はこちら>>

依頼者の声3

~息子のために最後の最後まで力を尽くして頂きました~

元旦の朝7時に玄関のチャイムが鳴りました。年越しのイベントに行っていた娘と思い,ドアを開けました。そこには体格の良い複数の・・・

詳細はこちら>>

依頼者の声4

~全力でサポートしてくれた二宮先生に感謝~

二宮先生,今回の事件で自分がしたことは反省しています。最後の最後まで全力でサポートしてくださって,とても感謝しています。・・・

詳細はこちら>>

依頼者の声はこちらへ

統計に見る地域の刑事事件

統計に見る地域の刑事事件(東京都)

統計に見る地域の刑事事件(神奈川県)

統計に見る地域の刑事事件(千葉県)

統計に見る地域の刑事事件(埼玉県)

統計に見る地域の刑事事件(群馬県)

統計に見る地域の刑事事件(茨城県)

統計に見る地域の刑事事件(栃木県)

統計に見る地域の刑事事件(静岡県)

統計に見る地域の刑事事件(山梨県)

▲ページトップへ

性犯罪被害者支援サイト

秘密厳守・初回電話相談無料 まずはお電話ください

0120-971-195

対応エリア|東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県

メールはこちらへ