贈収賄事件|贈収賄の定義・量刑について弁護士が解説|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

贈収賄事件|贈収賄の定義・量刑について弁護士が解説

刑事弁護コラム 贈収賄事件|贈収賄の定義・量刑について弁護士が解説

贈収賄事件|贈収賄の定義・量刑について弁護士が解説

 先日,道路の維持工事に関する受発注の業務に関して,金銭の供与があったとして,東広島市職員が収賄罪で逮捕され,同職員に金品を渡したとされる人物が贈賄罪で逮捕されました。以下では,贈収賄罪の内容,法定刑,贈収賄罪における弁護活動等について解説いたします。

贈収賄とは

 贈収賄とは,収賄罪と贈賄罪を併せた呼称です。
 収賄罪の中には,後述するように単純収賄罪(刑法197条1項本文),受託収賄罪(同法197条1項後段),事前収賄罪(同法197条2項)及び加重収賄罪(同法)などがありますが,共通して言えるのは,公務員が職務に関し他人から賄賂を受け取る行為だということです。賄賂には,金銭のみならず,物品,サービス等も含まれます。
 贈賄罪とは,これらの収賄罪が成立する場合に,公務員に対し,賄賂を渡した者に対し成立する罪で,通常は,収賄の罪で摘発された公務員と同時に摘発されます。
 そして,受託収賄罪とは,公務員が他人から一定の職務を行うことの「請託」を受けて,賄賂を受け取る行為です。この場合,公務員が実際に,請託に従った職務を行わなかったとしても,受託収賄罪が成立します。特段,「請託」を受けずに,公務員が賄賂を受けとった場合には,単純収賄罪が成立します。
 例えば,飲食店等の経営者が自分達の店舗の摘発をしないことを期待して,主務官庁の公務員に対し,賄賂を定期的にわたす場合などが考えられます。
 また,賄賂を受けた当時,公務員ではなくても,公務員となることが内定していた場合など,「公務員となろうとする者」が,賄賂を受け取った場合には事前収賄罪が成立します。
 また,これらの収賄の罪を犯した者が,実際に不正行為に及んだ場合や本来行うべき行為に及ばなかった場合には,加重収賄罪が成立します。

贈収賄の法定刑

 以下のように,単純収賄罪及び事前収賄罪の法定刑は5年以下の懲役であり,受託収賄罪の場合は7年以下の懲役です。

収賄、受託収賄及び事前収賄

 第百九十七条 公務員が、その職務に関し、賄賂を収受し、又はその要求若しくは約束をしたときは、五年以下の懲役に処する。この場合において、請託を受けたときは、七年以下の懲役に処する。
 2 公務員になろうとする者が、その担当すべき職務に関し、請託を受けて、賄賂を収受し、又はその要求若しくは約束をしたときは、公務員となった場合において、五年以下の懲役に処する。

 加重収賄罪の法定刑は,以下のとおり,1年以上の有期懲役です。

加重収賄及び事後収賄

 第百九十七条の三 公務員が前二条の罪を犯し、よって不正な行為をし、又は相当の行為をしなかったときは、一年以上の有期懲役に処する。
 2 公務員が、その職務上不正な行為をしたこと又は相当の行為をしなかったことに関し、賄賂を収受し、若しくはその要求若しくは約束をし、又は第三者にこれを供与させ、若しくはその供与の要求若しくは約束をしたときも、前項と同様とする。
 3 公務員であった者が、その在職中に請託を受けて職務上不正な行為をしたこと又は相当の行為をしなかったことに関し、賄賂を収受し、又はその要求若しくは約束をしたときは、五年以下の懲役に処する。

 また,贈賄罪の場合は,3年以下の懲役又は250万円以下の罰金となります。

贈賄

 第百九十八条 第百九十七条から第百九十七条の四までに規定する賄賂を供与し、又はその申込み若しくは約束をした者は、三年以下の懲役又は二百五十万円以下の罰金に処する。

贈収賄事件の弁護

 贈収賄事件は,密行犯罪であって目撃者がいません。人の見ている前で賄賂を受け取る人はあまりいないでしょう。そこで当然のことながら,自白中心,参考人供述中心の捜査になります。しかし,そうした自白・参考人供述中心の捜査には弱点が常に内在しています。
 それは,捜査官の先入観や思い違いによる「筋読み」のミスによる誤った自白・参考人供述の獲得です。たとえば,検事が「法律家」の発想で,会計士の経済行動を見たとき,そこに誤謬が介在する可能性が出てきます。中村国際刑事法律事務所は,検事として数多くの贈収賄事件を扱い,「筋読み」の訓練を受けており,また,特捜部,二課の考え方や発想にも通じています。依頼者のみが真実を知っています。その真実を捜査機関の「筋読み」のミスに焦点を当てて解明していくのが中村国際刑事法律事務所です。

Pocket

公開日: 更新日:

「贈収賄」に関する刑事弁護コラム

tel mail