転売行為で逮捕されたら|違法転売のケースや刑罰について弁護士が解説|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

転売行為で逮捕されたら|違法転売のケースや刑罰について弁護士が解説

刑事弁護コラム 転売行為で逮捕されたら|違法転売のケースや刑罰について弁護士が解説

転売行為で逮捕されたら|違法転売のケースや刑罰について弁護士が解説

 昨今,個人間での不用品の売買が簡単にできるフリマアプリが急速に普及し,転売によって利益を得る人たちが増えてきました。中には,大量の開封済み化粧品やブランド品を売りさばく等,単なる不用品の売却とは考え難い販売態様も見られます。
 また,限定品を高額な値段で売りさばいて利益を得ている,なかなか手に入らないチケットが転売目的で買い占められている,という話もよく耳にします。
 このような物品の転売は,法的に問題はないのでしょうか。
 今回は,実際何をどのように転売した場合に犯罪行為に該当するのか,また,違法転売で逮捕されてしまった場合について弁護士が解説いたします。

転売行為とは

 転売行為とは,一般的に,自分が買ったものをさらに他の人に売る行為のことをいいます。そのため,自分が一度買って使い,不要になったものを売る行為も転売行為に当たります。
 ただ,最近では,転売というと,当初から他人に売る目的で物を購入し,それを購入価格より高めに売って差額分の利益を得る行為をイメージする人が多いのではないでしょうか。フリマアプリが想定する,個人間の不用品の売買,すなわち,自分が一度買って使ったもの,あるいは自分が当初使う目的で買ったものを売る行為は,基本的には適法です。
 他方で,当初から他人に売る目的で購入したものを他人に売るという態様での転売行為は,以下のとおり,犯罪に当たり得ますので注意が必要です。

犯罪になる転売行為とは

古物営業法違反

 「古物」とは,以下のものをいいます(古物営業法第2条)。

  • 一度使用された物品
  • 使用されない物品で使用のために取引されたもの
  • これらいずれかの物品に幾分の手入れをしたもの

 古物を売買する営業を営むには,都道府県公安委員会の許可が必要です(古物営業法3条,2条2項1号)。許可を受けずに古物売買の営業をした場合には,3年以下の懲役又100万円以下の罰金に処せられる可能性があります(古物営業法31条1号)。
 なぜこのような法律が存在するかというと,古物の売買には,盗品等の犯罪被害品が混入する可能性があり,これを放置してしまうと,結果的に窃盗をはじめとする犯罪を助長するおそれが多分にあるからです。そのため,古物売買の営業は許可制とし,古物売買等の営業を営む人(法律上,「古物商」といいます)には取引相手の本人確認義務や当該古物が不正品の疑いがあると認められる場合に警察官に申告する義務等を課すことによって,窃盗その他の犯罪の防止を図ると共に,被害が迅速に回復できる社会を維持することが図られています(古物営業法15条,1条)。
 フリマアプリ等での不用品の売却や購入は,古物の売買ではありますが,通常はその行為を「営業」として営んでいるわけではないでしょうから,許可は不要ですし,古物営業法違反には当たりません。
 もっとも,その売買の量が大量だったり,明らかに単なる個人の不用品の売却や購入とは見えない売却・購入態様だったりすると,許可なく古物営業を営んでいるものとして,古物営業法違反の嫌疑がかけられ,警察から事情聴取を要請され,場合によっては逮捕されることも考えられるでしょう。

迷惑防止条例違反

 各都道府県及び一部市町村では「迷惑防止条例」あるいは「公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例」等の名称の条例が定められています。
 この条例は痴漢や盗撮等の行為を禁止し処罰する条例としてよく知られていますが,一部の件を除くほとんどの都道府県の条例では,ダフ屋行為といって,運送機関を利用するための乗車券等や公共の娯楽施設を利用するための入場券等を不特定の人に転売するため,あるいはそのような転売目的を有する人に交付するため,これらを公共の場所や公共の乗物において,買ったり,買おうとしたり,あるいは,転売する目的で得た乗車券や入場券等を公共の場所や公共の乗物において,売ったり,売ろうとしたりしようとする行為も禁止し処罰しています。
 ですので,たとえば,販売数が制限されている入場券等を転売する目的で購入した上,これを公共の場所で売ったり売ろうとする行為は,ダフ屋行為として罰せられる可能性があります。
 もっとも, 2018年12月に制定され,2019年6月14日に施行された「特定興行入場券の不正転売の禁止等による興行入場券の適正な流通の確保に関する法律」(略称「チケット不正転売禁止法」)により,演劇,コンサートやスポーツなどのチケット(特定興行入場券)については,ダフ屋行為に限らず,その不正転売や不正転売を目的としたチケットの譲受行為自体が禁止され,罰せられるようになったため,チケットを不正転売等した場合には迷惑防止条例違反ではなく,チケット不正転売禁止法違反として扱われることが増えるものと思われます。
 ただ,チケット不正転売禁止法は業として行われない転売は規制対象としていないため,その関係で,迷惑防止条例によるダフ屋行為の規制は今もなお存在意義があるといえるでしょう。

チケット不正転売禁止法違反

 上述したチケット不正転売禁止法は,2020年東京オリンピック等を念頭に定められました。この法律の制定前は,人気のあるコンサートやスポーツ等のイベントのチケットを販売開始直後に買い占め,インターネット等で高額転売をするような業者や個人がいたために,チケットを本当に必要としている人がチケットを適正価格で買えず,また,イベント開催者とは関係のない第三者がチケットの高額転売によって不当な利益を得るという事態が問題視されていました。
 上記迷惑防止条例では,インターネット上でのチケット転売行為は規制の対象になっていなかったため,チケット不正転売禁止法はこのような行為についても規制対象となりうる点で大きな意味を持ちます。

チケット不正転売禁止法で禁止されている行為

 チケット不正転売禁止法で禁止されている行為は以下のとおりです。

  • 特定興行入場券の不正転売(法3条)
  • 特定興行入場券の不正転売を目的とした特定興行入場券の譲受(法4条)

 「特定興行入場券」とは下記の要件を全て満たす映画,演劇,演芸,音楽,舞踊その他の芸術及び芸能又はスポーツのチケットのことをいいますので,あらゆる入場券等のチケットが規制対象になるわけではありません(法2条,3条)。

 ①興行主が,販売に際し,興行主の同意のない有償譲渡を禁止する旨を明示し,かつ,その旨を当該興行入場券の券面(電子チケットについては映像面に当該興行入場券に係る情報と併せて)に表示させたものであること。
 ②興行が行われる特定の日時・場所と入場資格者又は座席が指定されたものであること。
 ③興行主が,販売に際し,入場資格者又は購入者の氏名と連絡先(電話番号やメールアドレス等)を確認する措置が講じ,その旨を券面(電子チケットについては映像面に当該興行入場券に係る情報と併せて)に表示させたものであること。

 また,「特定興行入場券の不正転売」とは,興行主の事前の同意を得ない特定興行入場券の業として行う有償譲渡であって,興行主等の当該特定興行入場券の販売価格を超える価格をその販売価格とするものをいいます(法2条4項)。
 したがって,業として,すなわち,反復継続の意思を持って行う特定興行入場券の有償譲渡ではない場合には,処罰の対象にはなりません。
 とはいえ,1回限りの転売行為であっても,反復継続の意思を持って,かつ,興行主等の販売価格を超える価格で販売した場合には,不正転売として処罰の対象となり得ます。
 特定興行入場券を購入したものの,たまたま急用や急病で行けなくなった場合に当該入場券を他人に売る行為は,業として行う有償譲渡ではありませんので,不正転売にはあたりません。
 この法律に違反して特定興行入場券を不正転売したり,不正転売を目的として特定興行入場券を譲り受けたりした場合には,一年以下の懲役若しくはは100万円以下の罰金に処せられ,又は,これらを併科される可能性があります(法9条1項)。

詐欺罪(刑法246条)

 これまで述べてきた法律に違反しない行為であっても,転売目的での購入を禁止する旨明示している売主から,転売目的があるにもかかわらず,それを隠して物品を購入した場合には,詐欺罪が成立する可能性があります。
 詐欺罪の法定刑は10年以下の懲役となっており(刑法246条),罰金刑は定められていませんので,このような行為も軽く見ることはできません。

医薬品医療機器等法違反

 フリマアプリでよく見られる化粧品の出品も,違法な転売の可能性があります。
 たとえば,海外で購入した化粧品や個人輸入した海外製の化粧品を販売する行為は,医薬品,医療機器等の品質,有効性及び安全性の確保等に関する法律(略称「医薬品医療機器等法」)に違反する可能性があります(法62条,55条2項)。
 この違反行為の法定刑は3年以下の懲役若しくは300万円以下の罰金又はこれらの併科となっています(法84条2号,18号)。

販売行為自体が禁止・規制されているもの

 化粧品以外にも,医薬品や酒類等,その販売にそもそも許可や免許が必要とされている物については,それらを販売すると医薬品医療機器等法違反や酒税法違反になる可能性がありますので,転売には慎重になるべきです。
 偽ブランド品については,偽物と知りながら購入した場合も,知らずに購入して後から偽物と気付いた場合も,当該偽ブランド品を偽物と知りながら転売すれば,商標法違反となります。

転売で逮捕されたら

 事案にもよりますが,転売行為で逮捕される場合には,警察からの事前の事情聴取等なく逮捕,あるいは,ある日突然家宅捜索に来られ,それに引き続いて逮捕,ということが想定されます。できる限り処分を軽くするためには,弁護士と早急に打合せをして取調べでの受け答え方を練習したり,被害者がいる場合には弁護士を通じて被害者に対する謝罪や被害弁償をしたりする必要があります。ご家族が逮捕された場合には,ぜひお早目の接見先行をご依頼ください。
 また,実際に違法な転売行為をしてしまっていて,不安に思っていらっしゃる方も,事前にご相談いただいていれば,その後仮に逮捕された場合に備えることができます。

転売行為で違法性が問題となった事例

チケットの転売で詐欺に該当し執行猶予判決の事例

 被告人が,営利目的での転売を禁止されているコンサートチケットについて,営利目的での転売意思を有しているのに,これがないかのように装って販売会社にチケットの購入を申し込み,電子チケット及び紙チケットを詐取した,詐欺利得罪及び詐欺罪の事案において,犯行は常習的かつ職業的であること,一連の行為態様は販売会社の転売防止策をかいくぐる巧妙なものであることから,被告人の責任は重大であるが、他方で、被告人は反省の態度を示していることなども考慮し、被告人に懲役2年6月,執行猶予4年を言い渡した事例。

チケット不正転売防止法違反で執行猶予判決の事例

 被告人が,舞台公演Bの興行主であるC社の事前の同意を得ないで,業として,同舞台公演の電子チケットを興行主等の当該特定興行入場券の販売価格を超える価格で譲渡し,C社作成名義の身分証明書1通を偽造した上,舞台公演Bの入場口において,スタッフに対し,同偽造身分証明書を真正に成立したもののように装って提出して行使した事案において,被告人は,転売されているチケットを複数入手するなどした上で,偽造身分証明書を利用して公演に入場するほか,残りのチケットを転売し,得た利益をチケットの購入代金に充てるということを繰り返す中で,本件各犯行を敢行し,その動機や経緯に酌むべき事情は特に認められないとし,懲役1年6月及び罰金30万円,3年間の執行猶予を言い渡した事例。

まとめ

 いかがでしたか。医薬品や酒類,化粧品等,一部の商品を除き,個人で不用品をフリマ等で転売することは基本的に問題ありません。しかし,それにとどまらず,転売によって利益を得ようとし,転売が目的化してくると,様々な法に抵触する可能性が出てきます。今一度ご自身の転売行為に問題がないかご検討いただき,ご不安に思われる場合には弁護士に相談しましょう。

Pocket

「刑事事件」に関する取扱い分野

弁護士によるセカンドオピニオン

弁護士のセカンドオピニオンとは何か  セカンドオピニオンとは,ある専門家に相談または依頼している案件について,別の専門家に意見を聞くことをいいます。 ...

民事事件

民事事件でお困りの方々のアドバイザーとしてお力になります  当事務所の弁護士は,離婚や相続といった民事事件に関しても豊富な経験と知見があります。 ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

弁護士 遠藤 かえで

ご挨拶  「容疑者」,「逮捕」,「家宅捜索」,…日々,皆さんが何気なく目や耳にするニュースの中に,刑事事件に関する言葉は溢れています。他方,そのよう ...

弁護士 岩澤 祐未

ご挨拶  ご覧いただきありがとうございます。  「ある日突然,刑事事件や民事事件に巻き込まれたあなたには,安心して話をできる場所がありますか。」無 ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail