会社側代理人として全て起訴へ|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

解決実績 解決実績

事件の概要

 経理を担当していた元社員である被告訴人が,架空取引による支出を計上して,当該取引金額を着服していたという業務上横領事件。告訴人である会社側代理人として就任。

弁護方針

 担当警察官と何度も打合せの上,告訴状案を複数回提出した。また,弁護士照会等を利用した独自捜査によって取得した証拠を添付して告訴状を提出した。

結果

 告訴状は受理され,証拠が揃っている公訴事実から順序起訴された。告訴事実に記載した事実については,全て起訴された。

Pocket

公開日: 更新日:

「刑事事件」に関する取扱い分野

弁護士によるセカンドオピニオン

弁護士のセカンドオピニオンとは何か  セカンドオピニオンとは,ある専門家に相談または依頼している案件について,別の専門家に意見を聞くことをいいます。 ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

弁護士 宮本 萌

ご挨拶  こんにちは。弁護士の宮本萌と申します。  世の中には沢山の法律が存在します。このくらい大丈夫だろう,と思ってした行為が罪に問われ,逮捕さ ...

弁護士 遠藤 かえで

ご挨拶  「容疑者」,「逮捕」,「家宅捜索」,…日々,皆さんが何気なく目や耳にするニュースの中に,刑事事件に関する言葉は溢れています。他方,そのよう ...

オブカウンセル 上野 達夫

 弁護士上野達夫は東京大学経済学部を卒業し,司法修習修了後,大手国際総合事務所を経て,ニューヨーク大学ロースクールに留学し,ニューヨーク州の司法試験に ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail