公判請求の回避を求める意見書を提出し,結果的に不起訴処分を獲得|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

解決実績 解決実績

事件の概要

 執行猶予期間中に,再度万引き行為に及んだ窃盗事件。被害店舗が大手チェーンであったため,示談することができない事案だった。

弁護方針

 精神科医師に治療方針についての意見書を作成してもらった。また,両親だけでなく,保護司にも嘆願書を作成してもらい,今後の更生計画を具体化したうえで,公判請求の回避を求める意見書を検察官に提出した。

結果

 担当検事と何回も打ち合わせた上,処分保留のまま勾留満期に釈放された。その後も,担当医や保護司と連絡を取り,検事に適宜報告のうえ,最終的に不起訴処分を獲得。

Pocket

公開日: 更新日:

「刑事事件」に関する取扱い分野

弁護士によるセカンドオピニオン

弁護士のセカンドオピニオンとは何か  セカンドオピニオンとは,ある専門家に相談または依頼している案件について,別の専門家に意見を聞くことをいいます。 ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

弁護士 坂本 一誠

ご挨拶  私は,これまで100件以上の刑事事件に携わり,痴漢や盗撮,万引きといった皆様の日常で発生することのある事件,組織的な特殊詐欺事件,強盗致傷 ...

オブカウンセル 上野 達夫

 弁護士上野達夫は東京大学経済学部を卒業し,司法修習修了後,大手国際総合事務所を経て,ニューヨーク大学ロースクールに留学し,ニューヨーク州の司法試験に ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail