少年の強盗致傷事件で,少年の生活環境の調整をして,観護措置を回避し,保護観察処分を獲得|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

解決実績 解決実績

事件の概要

 大阪府内で一人暮らしをしていた少年が,路上で女性のカバン内から財布をひったくろうとした際に被害者を負傷させた強盗致傷として令状逮捕された。少年は逮捕当初から,「ひったくり目的で,怪我をさせるつもりはなかった」と話していた。少年を心配した家族から来所相談を受け受任した。

弁護方針

 少年は,ひったくりは認めていたが,怪我をさせるつもりはなかったと一貫して供述し,強盗致傷の一部を否認していたため,足繁く接見へ行き,少年を励まし,適切な取調べアドバイスをした。また,遠く離れて暮らす家族へ,少年の様子を伝えた。そして,検察官に対し,本件では少年が最初からひったくり目的であったことや,凶器や道具も何ら使用していないため,犯行抑圧に足る暴行脅迫がない点を主張し意見書を提出した。その結果,家庭裁判所への送致罪名は,強盗致傷罪ではなく,窃盗未遂罪にとどまった。
 また,勾留期間中は少年に反省日記を書いてもらい,反省を促した。監護者である祖母の協力を得ながら,少年の学校環境や生活環境などを調整し,釈放されてからもしっかりと監督できる環境作りに努めた。その上で,家庭裁判所に対し,事案が軽微であること,少年の反省が深まっていること,祖母の監督に十分期待できることなどを主張した。

結果

 観護措置を回避することに成功し,家裁送致時に無事釈放された。
 少年審判においても,少年の反省状況や,事案の軽微さ,環境調整の結果再非行可能性がないことを説得的に主張し,一般保護観察処分(短期)となった。

Pocket

「刑事事件」に関する取扱い分野

暴行事件の逮捕・示談に強い弁護士

 日常生活で起こりうる,以下のようなトラブルを見てみましょう。 彼女と口喧嘩をしていて,つい手が出てしまった,殴ってしまった けんかになって相 ...

弁護士によるセカンドオピニオン

弁護士のセカンドオピニオンとは何か  セカンドオピニオンとは,ある専門家に相談または依頼している案件について,別の専門家に意見を聞くことをいいます。 ...

民事事件

民事事件でお困りの方々のアドバイザーとしてお力になります  当事務所の弁護士は,離婚や相続といった民事事件に関しても豊富な経験と知見があります。 ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

法人シニアアソシエイト 岩澤 祐未

ご挨拶  ご覧いただきありがとうございます。  「ある日突然,刑事事件や民事事件に巻き込まれたあなたには,安心して話をできる場所がありますか。」無 ...

法人アソシエイト 中村 公輔

ご挨拶  弁護士の中村公輔と申します。刑事事件の手続きは,一般の方々には馴染みのないものであり,実際に逮捕されるなどして初めて手続きの流れを知ること ...

パートナー(法人社員) 岩崎 哲也

ご挨拶  法律問題でお悩みの皆様,ご心労いかばかりかとお察し申し上げます。  こんにちは,弁護士の岩崎哲也と申します。世に活躍しているたくさんの弁 ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

刑事判例紹介(35)

刑事判例紹介(35) 事案  建造物侵入未遂被疑事件の嫌疑を有するAに対して,犯行計画メモやA名義の預金通帳等を差し押さえることを許可する旨の捜索差 ...

刑事判例紹介(67)

刑事判例紹介(67) DNA型鑑定に証拠能力が認められるか否かが争われた事例  当時4歳の被害者が,栃木県足利市で行方不明となった翌日,遺体となって ...

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

mail tel