弁護人の意見書により釈放,結果的に略式罰金処分に|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

解決実績 解決実績

事件の概要

 被疑者が15歳の女子とホテルで性交した青少年保護育成条例違反事案。

弁護方針

 本件では,被疑者は逮捕されたため,早急な被疑者の釈放が求められ直ちに弁護活動を開始した。

結果

 検察官は勾留請求したものの,弁護人の意見書により,裁判所で釈放された。その後,被疑者は公判請求されずに,略式罰金処分となった。

Pocket

公開日: 更新日:

「刑事事件」に関する取扱い分野

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

パートナー 柏本 英生

ご挨拶  このページをご覧いただいている方の中には,今,人生に一度あるかないかの大変な状況にいらっしゃる方も多いと思います。これからなにが起こるのか ...

弁護士 宮本 萌

ご挨拶  こんにちは。弁護士の宮本萌と申します。  世の中には沢山の法律が存在します。このくらい大丈夫だろう,と思ってした行為が罪に問われ,逮捕さ ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績